83-皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶとしなり)

百人一首百彩-83

海野 弘

83-皇太后宮大夫俊成(こうたいごうぐうのだいぶとしなり)
千載集  述懐百首の歌詠み侍りける時、鹿の歌とて詠める

世の中よ 道こそなけれ思ひ入る 山の奥にも鹿ぞなくなる〔この世を逃れたいと思っても、道はないのだ。世を捨てようと山に入ったが、そこでも鹿が鳴いて、悲しみを思い出させる〕

 このころ遁世の思いを詠んだ歌が目立つようになる。王朝の落日、末世観が迫りつつあったからだろうか。
皇太后宮ほ俊成は藤原俊成(1114-1204)で、俊忠の子であった。皇太后宮(後白河の皇后、藤原厚子)の大夫となった。その子の定家とともに、歌道の家である御子左家(みこひだりけ)の繁栄を築いた。
基俊に和歌を習い、古歌の意味などを秘伝として伝える〈古今伝授〉をはじめたといわれる。和歌も技術として継承されることになったのである。
この歌は、-表○年ごろ、俊成が堀河百首題により、述懐百首として崇徳天皇に奉ったものの二言ある。これによって崇徳院歌壇に参加するようになり、「久安百首」の一合育、歌人として認められた。
官職では必ずしも認められなかったので、俊成の歌には、悲観的なひびきが漂っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*