86-西行法師(さいぎょうほうし)

百人一首百彩-86

海野 弘

86-西行法師(さいぎょうほうし)
千載集 月前恋と言へる心を詠める

なげけとて 月やは物を おもはする かこちがほなる わがなみだかな
「月が私に嘆けと、物思いにふけらせるのだろうか。そんなはずはないのに、月のせいにして私の涙が流れてくる」

月前恋、つまり月を見ながら恋に悩むという題の歌である。
西行法師(1118-1190)はおそらく最も親しまれている歌人の一人だろう。本名は佐藤義清(のりきよ)で、俵藤太秀郷の末というが中流の武士で、鳥羽上皇の北面の武士となった。北面の武士は、11世紀末、白河法皇が院御所の衛兵として設けたもので、院政と武家勢力との結びつきを強めた。
しかし彼は23歳で出家した。その理由は高貴な女性への失恋ともいうが、この世を離れたいという思いが早くからあったらしい。そして高野山を中心に各地を遍歴し、歌に生きた。陸奥へ、そして中国、四国へと大旅行し、旅人としての西行は伝説化されていった。
その旅が勧進という宗教活動であったか、歌を求めての数奇、風流の旅であったかはわからないが、歌を一般の人々にこれほど親しいものとした歌人は他にいないだろう。<西行>といえば、歌と修行の旅を意味するようになった。
この歌も、恋の歌というだけではなく、月の下を一人旅する西行の姿として詠んでみたくなる。