90-段富門院大輔(いんぷもんいんのだいふ)

百人一首百彩-90

海野 弘

90-段富門院大輔(いんぷもんいんのだいふ)
千載集 歌合し侍りける時、恋の歌とて詠める
あーま
   見せばやな をじまの海人の 袖だにも ぬれにぞぬれし 色はかはらず
〔見せたいものです。雄鳥の蟹の神は、海水ですっかり滞れてしまっても色は変わらないのに、私の袖は涙で濡れて色が変わってしまいました〕

色が変わるのは、恋で流す血の涙のせいだと解釈されている。雄鳥は宮城の松島の中の一つ。
段富門院大輔は生没不明。藤原信成の娘。股富門院は、式子内親王の姉。大輔は彼女に仕えていた女房の一人。西行、寂蓮、俊恵(しゅんえ)などと歌のやりとりがあり、定家の挟んだ『新勅撰集』に、女性では最高の十五首が入っている。姉の播磨(はりま)も股富門院に仕え、歌人であった。
大輔は俊意の「歌林苑」のメンバーで、歌をつくるのが非常に早く、多作であつたので(千首大輔)といわれたほどであった。 雄島は有名な歌枕で、(あま)、(松島)などと一緒に使われる。作者は雄鳥を見てはいないだろうが、歌枕として歌に引用して使っている。見た風景ではなく、ことばやイメージとしての歌枕によって歌をつくるテクニックが開発されている。さまざまな歌枕、さまざまな古歌を重ねて、千首でもつづけて詠めるのである。