91-後京極摂政前太政大臣

百人一首百彩-91

海野 弘

 91-後京極摂政前太政大臣(ごきょうごくせっしょうさきのだじょうだいじん)
新古今集 百首歌たてまつりし時

きりぎりす 鳴くや霜夜の さむしろに ころもかたしき ひとりかもねむ
〔こおろぎが鳴いているこの霜の降りた寒い夜に、むしろに衣を敷いて、独りで寝るのです〕

きりぎりすは、今のこおろぎであるという。<さむしろ>は、小さなむしろであるが、寒しを掛けている。「ころもかたしき」は、片方の袖を下に敷くことで、二人なら互いの袖を敷き交わすが、一人寝では片敷きになる。「さむしろにころもかたしき」の句は、『伊勢物語』や『古今集』に出てくるので、それを引用している。
後京極摂政前太政大臣は藤原良経(よしつね)(1169-1206)で、関白九条兼実(かねざね)の子、忠通の孫。慈円の甥。1202年、後鳥羽院の摂政、1204年、太政大臣となった。歌は俊成に学び、後鳥羽院の歌壇の中心であった。そして定家のパトロンとなった。
詞書の「百首歌たてまつりし時」は、正治2年(1200)の「後鳥羽院初度百首」の時である。
良経の歌は、漢詩文の教養に裏づけられ、隠者趣味があるといわれるが、この歌なども漢詩の風景を感じさせる。