93-鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)

百人一首百彩-93

海野 弘

 93-鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん)
新勅撰集 題しらず

世の中は 常にもがもな 渚漕(なぎさこ)ぐ 海士(あま)の小舟の 綱手(つなで)かなしも
〔世の中は、いつまでも変わらずあってほしいものだ。渚を漕いでいく舟人の小舟を見ていくと、綱手を引く姿がしみじみと思いをかきたてる〕

綱手は舟の引き網だという。すると、綱で結んで、もう一艘を引いているのだろうか。とにかく、渚を小舟がゆっくり漕いでいく姿を見て、世の中がずっとこのままだといいな、と感じているのである。そのことは逆に世の中があまりに変わりつつあることを嘆いているのかもしれない。
鎌倉右大臣は源実朝(さねとも)(1192-1219)であり、源頼朝の次男である。頼朝の後、長男の頼家が将軍となったが、北条時政と対立し、暗殺され、実朝が三代将軍となった。1218年、右大臣となったが、翌年、頼家の子公暁(くぎょう)によって鎌倉八幡宮の前で殺された。
実朝は王朝文化にあこがれ、和歌を詠んだ。そして家集『金塊(きんかい)集』を出している。実朝によって『万葉集』の歌風を甦らせたといわれる。京都の歌壇で閉鎖的になっていた和歌は、鎌倉の地方文化によって活性化されたのであった。
しかしいつまでもこの平和な風景がつづいてほしいという実朝の願いはむなしいものとなり、小舟は嵐にのみ込まれていった