女性のための開運講座107

お元気ですか?
私的な事情で先週はこのコーナーを休みまして申
しわけありませんでした。
母親の風邪もほぼ完治し激しい咳も減りましたの
で、ようやく仕事にも復帰出来ました。
おかげで私の寝不足も解消しつつあり、母親を老
妻に任せられる時やショートステイで外泊できる日
も増え、どうやら築地の事務所にも週2~3ペース
で出られるようになり、友人から銀座で食事をしよ
うと誘われると、銀座じゃなく築地に来ないか?と
逆誘いで、何とか忘年会付き合いも断らずに済むよ
うになりました。
最近は時間がなくて出歩きませんが、以前は、よ
く銀ブラもしました。
ある日、途中で立ち寄った書店で、いざ会計の時
に無一文で恥をかいたことがあります。
あわてて本を返しましたが、さほど欲しい本でも
なかったことに後で気づきました。それ以来、散歩
の時は店に立ち寄らず、を鉄則にしています。
以前なら、銀座をブラつくのに無一文なんて考え
られませんでしたが、最近は無一文でも平気で出歩
きます。
なにしろ、事務所から散歩できる範囲内ですから、
無一文でも何も困りません。それに、昭和47年来、
銀座周辺を仕事場にしてきた習性が、足を銀座に向
けさせるのですから仕方ないのです。

銀座は江戸時代に小判や銀貨を鋳造した土地です
から、銀ブラは金運がよくなるかも知れません。
昔、金といえば大判、小判、粒金、砂金などで、
銀は別格、銅貨などは銭(ゼニ)でした。
作家は、その時代にタイムスリップした気持ちに
成りきって文章を書きます。
それにしても、男が一人で銀ブラなんて寂しいも
のです。人にはお勧めしません。かといって、今時、
無一文の隠居と時間を共有してくれる物好きな女性
などいませんし・・・。全く、万事が金の世の中と
は情緒もなくてイヤになります。しかも、そのお金
が高齢になるほど先細りするようになるのですから
悲しいことです。
しかし、26歳でも堂々と数十億も稼げる人がい
るのです。日本ハムのダルビッシュ有投手(26)
のメジャー挑戦が、どうやら正式に決定したようで
す。ポスティングシステムという方式でメジャーに
挑戦したいというダルビッシュ本人の申し入れを球
団が了承して、入札制度でメジャー挑戦を認めたも
のです。ダル側にとって、さらに魅力的なのがレン
ジャーズの金銭面の条件だそうです。なんと、その
金額は60億円を軽く上回るのは確実だそうですか
ら驚きます。ボール1ケでの攻防で、たかが野球、
されど野球、何だか気が遠くなる金額ですね。

さて、昔の江戸ッ子は、宵越しの銭を持たないの
を美徳? としました。
時代小説のもの書きは、その時代にタイムスリッ
プしたような気持ちに成りきって文章を書くことが
あります。日常生活そのままに服装、髪型から暮ら
し向き全般を知らなければなりません。
まず、仮に私が奥州白河藩あたりを人員整理で何
か因縁をつけられて退職させられた浪人者だとしま
す。
剣術も少々は心得があり、真瀬流の易学も学んで
いますので食うには困りません。そこで私は、銀座
と築地の中間あたりの長屋を借りて、占いを生業に
して住むことにします。
浪人は無宿者と同じ穴のムジナですが、数少ない
江戸の役人では浪士狩りなどに手はまわりません。
まず、立ち寄った古着屋の主人に1朱掴ませて町
役人の一人を紹介させ、旦那寺に出させた通行手形
で身分証明をして、長屋の持ち主に管理代行を頼ま
れた大家を紹介してもらいます。
家賃は裏長屋で1ケ月1000文、4畳半に3畳、
台所と土間もついています。もっと狭い棟割長屋は
1ケ月500文だというのですが、私の履歴を知る
と、コロっと態度を変えて、自分のことを占うのと
長屋の用心棒を兼ねることを条件に4畳半二間の築
二年の上物物件を月800文(1万2千八百円余)
で貸すと言うのです。ま、これも縁ですからそこで
手を打ちまして、早速、大家がまわしてくれた同じ
地区の裏長屋に住む大工の熊吉という若者に駄賃を
弾むからといい、「これで」と2分渡して日用品を
揃えさせます。
懐中にはまだ旅の途中の辻占いで稼いだ金も少し
はありますが、そう多くはありません。浪人も庶民
と同じで金貨には無縁、庶民の生活はビタとかゼニ
と呼ばれる1文銭です。
では、1文は今の価値だといくらになるか、計算
してみます。目明しの銭がた平次は、犯人めがけて
この1文銭を惜しげもなく投げました。勿体ないで
すね。
江戸時代中期まであは物価も安定していましたが、
幕末になるともの物価は高くなっています。
1両=4分=銀60匁=16朱=400疋=4千
文、これが基本です。ただ、ビタ銭(1文)の換算
は、時代によって4貫~10貫と大きく異なります。
ここでは、1両を5貫文(5千文)として計算し
てみます。銅銭と鉄銭は、銭1疋が10文、10疋
が100文、100疋が1貫文(千文)です。
日常は「さし」という紐に1文銭を1000枚
(1貫文)まで通したものを腰に下げて使います。
金1両は、現在の貨幣価値に換算すると幾らにな
るのか? それで時価が出ますね。
江戸時代中期は1両10万円ぐらいだった小判の
価値が江戸末期には6万円ぐらいに下がっています。
これは、物価の上昇もありますが、金貨の質の低
下によるものもおおいに関係しています。ここでは、
その金の価値を1両=80、000円とします。
1両8万円なら1分は2万円、一朱は5千円、一
文は16円です。と、いうことは大家さんが浪人に
私にの提示した家賃800文は1万2千800円で
す。
そこで庶民の生活を覗いてみましょう。
大工の熊には2分(4万円)渡しましたが、1朱
(5千円)はピン跳ねされる(下駄を履く)のを承
知の上です。熟練の大工の手間賃は、約月15貫文
(約24万円)と高収入ですが、若い熊吉などは多
分、手間職人で月約5貫文(8万円)がいいところ
ですから、1朱も稼げるとなると何でもやります。
当時の江戸の住み込み職人で月3貫文(5万円弱)
あれば上々、女子の内職で月約200文(3千2百
円)です。熊吉はまず大家から大八車を借りて、寝
具屋(古物)、米屋から日用品雑貨屋などを廻り、
私の晩酌用にか酒まで買ってくる気の利きようです
が、200文ほどアシが出たと言い、私から200
文(3千200円)を巻きあげましたから、500
文(8千円)ぐらいの手間賃にはなったはずです。
熊は、買って来た 稲荷鮨2人前を出して、「一
人分6文(96円)、腹減ったでしょう?」と、
一度は私の目の前に置いてから立ったまま、さっさ
と自分の分を手許に戻して竹皮を開いて一つ口に入
れます。
次に茶碗二つを洗いもせずにも土間の上がりかま
ちに置き、自分もその脇に腰をかけ、買って来た灘
の酒をカメから勝手に注ぎ、私のも持たせて「引っ
越しおめでとうござんす」と来たものです。
そこで酒を飲みながら、地元の店や地理を頭に入
れました。名主の給料は100両(800万円)、
助手付きの町医者で薬を調合して2分(4万円)だ
そうです。
米は豊作と飢饉では相場が何倍も違いますが、標
準は1升(10合)100文(千600円)です。
高いですね。夫婦と子供二人で一日3合(480円)、
月に約1万5千円ほどになります。
旅篭代は150から200文(2千4百~3千2
百円)、これは私も旅慣れていますから知ってます。
渡し銭は、人夫の背、馬の背、駕篭が約90文
(千4百円余)。蕎麦が約16~18文(280円
強)、風呂の湯銭は10文(160円)です。
髪結は、大人32文(500円余)、子供24文
(360円余)です。
刀は10両~50両(80万~4百万円)が相場
ですから、私のような貧乏浪人では買えません。
庶民の贅沢の芝居見物は、上桟敷席(最上等席)
がニ分一朱(約4万5千円)。下桟敷席が、一分三
朱(3万5千円)。 高土間席(1等席)が一分一朱
(2万5千円)。平土間席(2等席)が一分(2万
円)。切り落とし席(3等席)が銭130文(約2
千円)。切り落とし席は土間の枡席で7~8人詰め
込まれた狭い席です。
役者の錦絵1枚が、20文(320円)。
芝居見物は、かなり裕福でないと見られませんが、
少し稼いだら誰か誘うつもりです。ところで、宵越
しの金を持たない江戸ッ子の見栄っ張りは「初ガツ
オ」です。
江戸ッ子が魚屋から買った初ガツオ代金で3分
(6万円)という記録が残っています。今なら40
万の月給取りが10万のおせち料理を買うようなも
のかも知れません。それでも、ダルビッシュ有投手
の契約金からみれば微々たるものですね。

私は興味ありませんが、遊郭や岡場所の相場にも
触れておきます。女性には失礼かと思いましたが、
長屋仲間になった大家の甚兵衛や耳達者な熊吉から
酒飲み話で聞いた話ですのでご勘弁ください。
江戸の人口が男10人に女1人の時代もあり、女
性は貴重な存在でした。江戸から各地に続く主要街
道に設置された関所では江戸からの出女を防ぐため
に厳しく取り締まりました。
もちろん、今でも女性は大切です。
突然ですが、江戸吉原最高位の遊女(太夫)の遊
興費は、約10両(80万)でした。次席遊女(格
子女郎)の揚げ代が約1両(8万円)であったのと
比べると随分大きな差があるものですね。
さらに、吉原における下位の遊女(座敷持)が金
1分(2万円)。最下位の遊女(部屋持)の揚げ代
が金2朱(1万円)。深川の岡場所の私娼の揚げ代
が、銭100文(千6百円)。むしろを抱えた夜鷹
などは不景気だと50文(800円)でもOKだそ
うです。
当時の江戸は女性が少なかったことから、女房貸
しや人妻の不倫も結構多かったようです。
京都の遊郭は、豪商と新撰組や勤皇の志士と称す
る面々が遊ぶ相場を高くしたと言われます。島原の
太夫との一夜の遊興費が10両~15両(80万~
120万)。その下の天神から下がって1両~2朱
以下(8万~1万円以下)です。
新選組局長・近藤勇が、愛妾・深雪大夫に払った
手切れ金は200両(千六百万)です。当時の京都
での貨幣価値は1両10万ぐらいでしたから、約2
千万というところです。こんな金の工面をさせられ
ていた会計係が、金庫の金が不足したと責められ極
刑に処せられたのですから哀れです。
しかも、近藤局長が深雪大夫の妹のお孝に手を出
したための喧嘩別れですから慰謝料というべきです
ね。
さすがに島原で栄華を誇った深雪大夫、それを資
金に店を開いて成功したそうです。これもまた、ダ
ルビッシュに負けずに立派なものですね。

つづく
ーーーーーーーーーーーーーー
さて話題を変えて、女性のための開運講座です。
これは、恋愛、結婚、再婚に役立つ開運法です。
途中からご覧の方は、遡ってご覧になってくだ
さい。勿論、男性が見ても役立つはずです。
ーーーーーーーーーーーーーーー

女性のための開運講座ー107

(4)、人間関係がよくなる開運コース

1、友人と親友の違い。

IT産業全盛でパソコンと携帯電話に代表さ
れる現代は、直接対話の少ない孤独慣れした人
間関係の難しい時代だと言われます。
一時期、モラトリアム人間と呼ばれる人達が
話題になったことがあります。実社会の荒波を
おそれて親元から離れられず、いつまでも親の
保護下にいようとする自立心のない若者や、無
気力で人間関係のわずらわしさを嫌い、自分の
世界に入り込んで外部との接触を望まない人を
さす言葉でした。
人間嫌いになった若者は友達感覚の親しい仲
間だけと接触を求め、有益な助言をしてくれる
目上や身内の年長者さえも避けます。そのため
に、人間関係はますます下手になって自分の世
界だけに埋没して、世間と隔離されたような状
態になります。
そのモラトリアム人間が、年齢や環境に背中
を押されて就職して職場内の人間関係に疲れ、
安易な交際れから結婚して子供をつくり、親と
なって社会の一員となって生活しますが地域社
会に溶け込むことができずに悩みます。

それとは別に自己過信から挫折した人、小さ
な失敗に潰されて自信を喪失した人の人間性回
復、劣等感を背負ったひ弱で人間関係が苦手な
人もいます。
しかし、どんな目立たない人でも自分の性格
や容姿をほめられたり得意な分野での才能を認
められたりすると、まるで人が変わったように
元気が出て、強気になって積極的に人との交流
を求めるようになって周囲を驚かせたりするも
のです。
人間関係とは、自分だけでなく周囲とのバラ
ンスのよい交流が理想です。ならば、どう考え
てどう接してゆくか?
それを解き明かすし実践することによって自
信を深めてゆくのがこの講座です。

よく「あの人もこの人も私の親友です・・・」
などと何人ものを親友にしたがる人がいます。
一方で「私にとって親友といえる人は、特別
思い当たりません」
と、いう方もいます。
しかし、ここで大事なことは、親友というも
のはそれほど簡単にできるものではないという
ことです。
逆に言うと、だからこそ本当の友人は大切に
しなければならないということにもなります。
では、友人と親友はどこが違うのか? と、
いうことになりますが、これは肉親と他人の違
いに似ています。
日頃、「私はあなたに好意をもっているのだ」
とばかり派手にアピールし、近づいてくる人が、
いざ、あなたが窮地に立たされた時になると、
知らんふりで離れていってしまうなどという場
合があります。
これでは、親友と言えないばかりか、友人で
もなく、単に知人に過ぎません。
本当の親友と言うのは、お互いに困ったとき
に親身なって心配し励まし合える仲です。
つづく
----------------------
書店発売中の「坂本龍馬異聞」に続き「新選組3部作」
を執筆中です。その内容を先にお届けします。
ホームページでも挿絵入りで連載を始めました。
----------------------
新選組ー異聞

構想が膨らみ、戊辰戦争に移行しています。
暫く休みますが、ご期待ください!
つづく
==========================================
花見正樹事務所 電話03-3542-1150
Eメール・ masaki94581@gmail.com
ホームページ・http://www.kaiundou.jp
開運道スクール携帯用・http://m.kaiundou-school.com
開運道スクールPC用・http://www.kaiundou-school.com
=============================================

カテゴリー: 6、気まぐれ未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*