10年目に巡ってきたチャンスですが・・

相性&悩み相談

相談者

亀田 小枝子(仮名)さん
東京都三鷹市在住 会社員

本人・昭和53年5月2日生まれ
彼・昭和50年9月28日生まれ

お見合いで結婚して1年で離婚、相手はEDでしたので子供はいません。
その後ほぼ10年の独身生活を経て、最近になって結婚を前提に交際を始めた男性がいます。
付き合って半年になりますが彼もバツイチ、一人いた子供は別れた奥さんが引き取って、そのまま別の男の家に転がり込んだそうです。離婚原因はその男と奥さんの浮気だそうですので、慰謝料も養育費もなく、彼は会社員ですが持ち家もありますので経済的には余裕があります。
ただ欠点は、どうも女性関係にだらしないように思えてならないのです。これは私のカンもあるのですが、一緒にいてもメールの受信が多く、どうも相手は女性ばかりらしいのです。それと、一緒にいても、ちょとした女性が通ると必ず彼の目線がその後を追うのです。それが何ともイヤらしくて気になるのです。でも、もしかすると私の思い過ごしかも知れません。
できれば相性だけでなく、彼との再婚の是非について助言を頂けましたら幸いです。

━━━━━━━

解答

10年目に巡ったチャンスですから何とかしたいと思うのは当然です。
ひとまず相性をみてから考えをまとめます。
開運道の相性占いは、生年生月の気学九星と10干12支で見ます。
生年生月の各3種と総合の傾斜星を加えた7種の星で構成した本格的なものです。
その相性を数字に換算して、高得点であるほど吉相性とします。
大吉が5点、小吉が3点、まずまず1点、注意ー1点、凶はー3点です。
その7項目を集計し、20点以上が大吉(二人合わせて40点以上)です。
11点以上が中吉(二人で22点以上)、7点以上が小吉(二人で14点以上)です。
6点以下0点までが注意(二人で12以下0点まで)、-1点以下は凶(二人でも同じ)です。
(注)「支合の吉」は「破の注意」と重なる部分がありますので用いていません。
では、お二人の相性を・・・

スマホでご覧の場合は「PC版サイト」に設定してご覧ください。相性占いの全体図を見ることができます。

    本人
昭和53年5月2日 昭和50年9月28日 節分までは前年で、節入り日は前月でみます
生年      四緑木星 -3 -1 七赤金星 金が木を傷つけて凶
つちのえ -3 -1 きのと 木が土を侵して凶
午年 -1 -1 卯年 破の関係で注意
生月     六白金星  3  5 一白水星 金気の水は美味で吉
ひのえ  5  3 きのと 木が火に尽して吉
辰月  1  1 酉月 過不足なくまずまず
傾斜は木 -1 -3 傾斜は土 木が土を侵して凶
小計 注意1 注意3
合計 注意

 

お二人の相性はどう見てもあまり感心はしません。
結婚を前提とはいえ相性はイマイチ、半年の深いお付き合いが不調では辛いですね。
女性の直感の鋭さからみれば、この男性の欠点は女性関係にけじめがない点かも知れません。
七赤金星、きのとx2、卯年、一白水星、このどれもこれもが社交的で異性運も強い星ばかりです。
となると、離婚の原因も奥さんの浮気ではなく、彼自身の浮気が原因だったと考えても不自然ではありません。こう考えると、この縁談は黄信号、立ち止まってよく考えてみる時間が必要になります。
結婚してからのトラブルを考えたら、今のうちに焦らずじっくりと彼の性格や行動パターンを見極め、安心できると確信したら結婚、怪しい気配が見えたら結婚は断念が正解、次なる縁談に期待する道をお勧めします。友人止まりが安全です。なお、占いを離れた私の元結婚相談所経営者としての個人的な意見では、この縁談は無理、お互いの信頼関係がありません。ここはパスして次回の縁談を待つことが良策とみます。
亀田小枝子様の今後のご多幸をご祈念申し上げます。
開運道主宰・花見正樹

-----------

相性&悩み相談(無料)にお応えします。
「相性&悩み相談」を承りますが、質疑応答はメールでお願いしています。解答もメールでお応えし、このコーナーに載せる場合は、居住地、氏名、職業、内容も一部変えさせて頂きます。 したがって、ご本人でもご自分のこととは気づかないようになります。必要項目は、氏名、生年月日、在住都道府県都市名、相談内容などです。 相性診断に必要なお相手の生年月日もお忘れないように。ご応募いただいた方には、相談内容への解答に加えて、拙著「占い全科」、「あなたの2019年の運勢」をプレゼントします。
宛て先は、masaki94581@nifty.com  花見正樹です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク