バツイチ同士の再婚話です。

相性&悩み相談

相談者

野川 優香(仮名)さん
岐阜県大垣市  JA関係勤務

本人 昭和52年 7月27日生まれ
彼 昭和45年11月14日生まれ

 お互いにバツイチで子供はいません。
交際して3年になりますが、つい先日結婚しようと言われました。
彼とはハイキング仲間から何となく親しくなり、友人付き合いから徐々に親密になっていました。
彼は高校教師で真面目で人間性もよく、周囲の評判も悪くありません。
私の離婚の原因は夫の浪費癖、彼の離婚は妻の浮気と聞いています。
あとは私の返事次第という状況ですが、一度結婚に失敗しているだけにどうも一歩先に踏み出せません。
両親に相談したら、一度会ってみたいと言われ、両親と4人で食事をしました。
その結果は両親が賛成ですので、あとは自分が決断するだけです。
それでも相性が悪かったらどうしよう、とかつい考えてしまいます。
そこで思い切って相性診断をお願いしました。
以上、吉か凶か宜しくお願いします。

━━━━━━━

解答

心の中では再婚と決められていると思いますが、ひとまず相性をみてみます。

開運道の相性占いは、生年生月の気学九星と10干12支で見ます。
生年生月の各3種と総合の傾斜星を加えた7種の星で構成した本格的なものです。
その相性を数字に換算して、高得点であるほど吉相性とします。
大吉が5点、小吉が3点、まずまず1点、注意ー1点、凶はー3点です。
その7項目を集計し、20点以上が大吉(二人合わせて40点以上)です。
11点以上が中吉(二人で22点以上)、7点以上が小吉(二人で14点)です。
6点以下0点までが注意(二人で12以下0点まで)、-1点以下は凶(二人でも同
じ)です。
(注)「支合の吉」は「破の注意」と重なる部分がありますので用いていません。

スマホでご覧の場合は「PC版サイト」に設定してご覧ください。相性占いの全体図を見ることができます。

    本人
昭和52年7月27日 昭和45年11月14日 節分までは前年で、節入り日は前月でみます
生年   五黄土星 -3 -1 三碧木星 木が土の養分を奪い凶
ひのと -1 -3 かのえ 火が金を溶かして凶
巳年  1  1 戌年 過不足なくまずまず
生月     六白金星  5  3 五黄土星 土から金が生じて吉
ひのと  1  1 ひのと 同じ火でまずまず
未月  5  5 亥月 三合の吉
傾斜は木  1  1 傾斜は木 同じ木でまずまず
小計 小吉9 小吉7
合計  16 小吉

 

以上からみて、お二人の相性はひとまず小吉で一安心です。
しかも女性側にプラスの多い吉相性ですから、結婚へのマイナス要因は何もありません。
強いて上げれば、相性7項目の中の五行(木火土金水)で女性側に、円滑な夫婦生活に必要な水が欠けていることぐらいですが、これも彼が五行全てを持っていますので心配はありません。
お二人の性格は一見、会わない面もありますが、本質的な人間性をみる傾斜星が震宮と巽宮で同じ木の質で平和主義ですからお互いの妥協も合って穏かな家庭になります。
野川優香様の今後のご多幸を祈念します。
開運道主宰・花見正樹

カテゴリー: 未分類 パーマリンク