慶応義塾発祥の地

 このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

慶応義塾発祥の地

宗像 信子
(開運道芸術部門顧問、咸臨丸子孫の会幹事)

開運道花見サロンのある築地界隈は、歴史的に見てたくさんの遺構遺跡がある地です。花見サロンに行くたびにここを歴史的人物がどれほど歩いたのかと思うと胸がドキドキします。
サロンから築地本願寺の左後ろに見える、聖路加国際病院のすぐそばに慶応義塾発祥の地を刻んだ碑があります。
写真のような碑と説明文の掲示があり、その横には説明の碑があります。
写真ではよくわからないのですが、碑文には、『慶應義塾の起源は1858年福沢諭吉が中津藩奥平家の中屋敷に開いた蘭学の家塾に由 来する。その場所はこれより北東聖路加国際病院の構内に当たる。この地はまた1771年中津藩の医師前野良沢などがオランダ解剖書を初めて読んだ由緒あるところで日本近代文化発祥の地として記念すべき場所である。』
とあります。 なるほど、そうだったのかと納得しました。
この地のそばに桂川甫周の屋敷跡があり、その甫周の家が蘭学のサロンでした。
江戸に出てきた福沢諭吉先生が蘭学を学ぶためにこのサロンに入り浸っていたことは有名です。
そのことは甫周の娘、今泉みねが回想した「名ごりの夢」(平凡社発行東洋文庫)という本があり、その中の「福沢先生のお背中」という文章で面白く語られています。
これからは道のあちこちに建っている歴史的説明の碑があったら気を付けてみるようにしようと思います。
なお、桂川甫周に嫁いだのが私の親族、我が祖と福沢諭吉は咸臨丸絡みの身内同様の仲、不思議なご縁を感じながらも親しみを感じる探訪記でした。

冬の軽井沢  宗像信子

 このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

 

 

冬の軽井沢

宗像 信子
(開運道芸術部門顧問、咸臨丸子孫の会幹事)

一月末に冬の軽井沢に行ってきました。
軽井沢は物凄く寒いと言われたので、重装備をしていきました。
しかし着いた日はお天気も良く、また空気が澄んでいるのでとてもきれいに雪景色の浅間山が青空の中に見えていました。

また反対側にはスキー場が3コースほど見えました。
いつもは群馬県の嬬恋方面の北軽井沢に行くので、浅間山がお釈迦様の寝姿にみえます。それはなかなか色っぽくて美しい山並みです。
今回は長野県の軽井沢からの眺めなので、白い雪山が見えるだけでした。
またホテルの前に池があり、そこに2羽の白鷺がまるで置物のように池の中に浮かんでいる小島にいました。
あまりに動かないので、ホテルの飾りものかと思っていたら、何か餌になるものを見つけたのか1羽が突然飛び立ち、池の中を歩き始めました。
どんどん歩いてホテルに近づいて来るのでどうするのかと見ていたら、突然水面に首を突っ込んで餌を嘴で捕まえたようでした。
もう1羽の白鷺はそれを見ているようでしたが、全く動きませんでした。

餌を捕った白鷺はまたその小島に戻りましたが、また2羽で置物になりました。
次の日は午前中はお天気でしたが、お昼頃から急に雪が降りだしあっという間に雪景色になり雪が積もりだしました。
スキー客が多かったようで、それまでそれほどの混雑ではなかったのですが、夕方になるとスキー場から帰ってきた人たちですごい人出になり、子供たちは喜んで新雪を踏んで遊んでいました。
前の日は邪魔だった雪対策の重装備が役にたちました。
9日土曜日は東京も雪になりましたが、一足先に初雪体験をしてきました。

フェルメール展を楽しんで

 このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

フェルメール展を楽しんで

宗像 信子
(開運道芸術部門顧問、咸臨丸子孫の会幹事)

2018年10月5日から上野の森美術館でフェルメール展が開催されていました。
2019年2月3日で終了なので、慌てて1月27日にいきました。
入場料が2700円でとっても高いと思いました。
それでなくても日本の美術展の入場料は高いと思っていましたが、このフェルメール展の入場料にはびっくりでした。
でもよくよく考えるとこの9作品を見るために世界を旅行することを思えば、決して高いわけではないのだと思いました。
ヨーロッパに行く費用、美術館を巡る費用を考えれば、まあまあと思えばいいわけです。ただヨーロッパの美術館は無料だったり、すごい安い入場料だったりするので、日本の美術展は本当にいつも高いと思わざるとえません。
そんなこんなの気持ちをおさえながら上野に行きました。
細かく入場制限をしていましたしたが、約1時間待ちの入場を確保しました。
入場したら無料のイヤホンガイドが全員にサービスされたのでびっくりでした。

まずはその当時の画家の作品が39点あり、フェルメールの絵が次に述べるように8点ありました。
1. 牛乳を注ぐ女 1658-1660年頃 油彩・カンヴァス 45.5×41cm アムステルダム国立美術館 Rijksmuseum. Purchased with the support of the Vereniging Rembrandt, 1908
2. マルタとマリアの家のキリスト 1654-1655年頃 油彩・カンヴァス 158.5×141.5cm スコットランド・ナショナル・ギャラリー National Galleries of Scotland, Edinburgh. Presented by the sons of W A Coats in memory of their father 1927 3. 手紙を書く婦人と召使い 1670-1671年頃 油彩・カンヴァス 71.1×60.5cm アイルランド・ナショナル・ギャラリー Presented, Sir Alfred and Lady Beit, 1987 (Beit Collection) Photo © National Gallery of Ireland, Dublin NGI.4535
4. ワイングラス 1661-1662年頃 油彩・カンヴァス 67.7×79.6cm ベルリン国立美術館 © Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Jörg P. Anders【日本初公開】
5. 手紙を書く女 1665年頃 油彩・カンヴァス 45×39.9cm ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Gift of Harry Waldron Havemeyer and Horace Havemeyer, Jr., in memory of their father, Horace Havemeyer, 1962.10.1
(6. 赤い帽子の娘 1665-1666年頃 油彩・板 23.2×18.1cm ワシントン・ナショナル・ギャラリー National Gallery of Art, Washington, Andrew W. Mellon Collection, 1937.1.53 【日本初公開】※12月20日(木)までの展示)
7. リュートを調弦する女 1662-1663年頃 油彩・カンヴァス 51.4×45.7cm メトロポリタン美術館 Lent by the Metropolitan Museum of Art, Bequest of Collis P. Huntington, 1900(25.110.24). Image copyright © The Metropolitan Museum of Art. Image source: Art Resource, NY
8. 真珠の首飾りの女 1662-1665年頃 油彩・カンヴァス 56.1×47.4cm ベルリン国立美術館 © Staatliche Museen zu Berlin, Gemäldegalerie / Christoph Schmidt
9. 取り持ち女 1656年 油彩・カンヴァス 143×130cm ドレスデン国立古典絵画館 bpk / Staatliche Kunstsammlungen Dresden / Herbert Boswank / distributed by AMF 【日本初公開】※1/9(水)~会期終了まで展示
私が行った時は6番の「赤い帽子の女」は展示されていなくて、9番の「取り持ちの女」が展示されていました。

ただ「赤い帽子の女」は何年か前にワシントンに行った時に、ワシントン・ナショナルギャラリーで見た記憶があります。
フェルメールの作品はいっぱい評論が書かれているので、私がここで何を書いてもどうにもなりませんが、現実のフェルメールの作品を目のあたりにすると、そのやさしさ、光の具合、構図などが世界中の人たちの心をつかみ取ったことが良くわかりました。
彼の35作品を全部見ることができたら幸せだと思いながら、今回は8点でも満足でした。

幕末史研究会

 このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

幕末史研究会

宗像 信子

1月26日土曜日の午後2時から吉祥寺の武蔵野商工会館で幕末史研究会が開催されました。
この開運道の講師である小美濃清明氏が会長で、平成5年から続いていて、何と今回で270回でした。

この日のテーマは「七卿と岩倉具視を考える―幕末の天皇・朝廷・公家の世界―」で、講師は人間文化研究機構国文学研究資料館の准教授・西村慎太郎さんでした。
御年44歳で学生時代ロックバンドをしていたというこで、とても声が良く、マイクも必要ないほどでした。
内容は「明治維新」後の歴史叙述によって、幕末の公家とえば三条実美、岩倉具視といった人物がクローズアップされるが同時代の朝廷社会の中から再検討するということでした。
確かに私などはお公家さんは七卿落ちの人達しか知らないという情けない状況です。ちなみに七卿は三条実美(31歳:従三位権中納言)、三条西季知(53歳:正二位行権中納言)、四条隆謌(36歳:従四位上行侍従)、東久世通禮(31歳:正四位下行左近衛権少将)、壬生基修正(29歳:従四位上行修理権大夫)、澤宣嘉(28歳:正五位下行主水正)、錦小路頼徳(27歳:従四位上行右馬頭)です。
三条実美と三条西季知以外は朝廷運営に参加するレベルの公家ではなかったそうです。
岩倉具視の孝明天皇暗殺説はそれは無いということで一刀両断でした。
東久世さんのご子孫もこの開運道の講師です。
また私の友人が澤宣嘉のご子孫でしたので、この幕末史研究会を聴きにきて、子孫でも知らない事ばかりらしく、この講演を聞けたことをとても喜んでいました。
なかなか難しい内容でしたけれども、少しは公家社会のことが理解できたかなという感想です。

---------

幕末史研究会は、東京都武蔵野市を中心に1994年から活動を続けている歴史研究グループです。
小美

ポップとクラシックで至福のひと時

 このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

ポップとクラシックで至福のひと時

宗像 信子
(開運道芸術部門顧問、咸臨丸子孫の会幹事)
この金土とポップライブとクラシックコンサートに行きました。
金曜日の夜は大人のポップロックのライブでした。
井の頭線の神泉から徒歩2分あまりの「ランタン」という会場で行われました。
川瀬泰雄という多分70歳は優に超えている方がリーダーとなっている「Spooky Ⅶ」というバンドの演奏でした。
彼の略歴をネットで見てみると
 横浜生まれ。高校、大学時代にバンド活動。1969年、大学卒業後、東京音楽出版(ホリプロ)に入社。約40数組の音楽プロデュースを担当。キティ・レコードに移籍後は、約10数組。独立後は、音楽を制作。現在までに約1,600曲以上を手がけた。現在、音楽プロデュースの他、ビートルズやパブ・ロック等、複数のバンド活動も行っている。
とありました。
何でこのライブに行ったかというと、毎月私が通っているカントリーライブがあり、そのバンドのギター担当の鋤柄貴司さんがこのバンドにも所属していて、こちらも聴きに来てほしいと声をかけられたことによります。そこでいつもカントリーライブに一緒に行っているお友達10人くらいと行きました。その仲間もほとんど70代でした。
ランタンというお店は最大70名くらい入る小さなお店ですが、その会場全体にすごい音量で演奏が始まりました。
ほとんど英語で歌うオールディーズでしたが、鋤柄さんはギターの名手で川瀬さんの脇でかっこよくエレキギターを弾いていました。
何年か前に倉本聰の「やすらぎ郷」というテレビ番組の中で親父バンドのメンバーとして出演したこともあるぐらいの名手でした。
あまりに音量に耳栓をしたくなりましたが、私でも知っている曲だったりすると体が自然にリズムに合わせて動きました。
あんまり知らない音楽の世界でしたが、これはこれで楽しめました。
 翌日の金曜日は前の晩と打って変わってのクラシックのコンサートでした。
私は別に高津市民ではありませんが、特別出演の吉村妃鞠ちゃんが親戚になるので誘われて行きました。
こちらは高津市民オーケストラの新春コンサートで、去年のウイーンのコンサートを思い出しながら聴いていました。
妃鞠ちゃんは小学校1年生ですが、現在ヴァイオリンの天才少女として活躍しだしています。
この日も大人顔負けの演奏でパガニーニのヴァイオリン協奏曲をオーケストラの大人たちをバックに素晴らしい演奏をしました。
このパガニーニという天才ヴァイオリニストの曲は難曲として有名なのに、3か月でマスターしたそうです。
指揮者の清水さんは中学生の時に1年かけてようやくマスターしたとは話されていました。
どちらの演奏会も生で音が聞けるという幸せをかみしめました。