「甦る仁のこころ 合同慰霊祭・特別記念講演」余談1


このコーナーは安司弘子講師(左)と宗像信子講師(右)の担当です。

過日「白河戊辰150周年記念事業」の核である大きなイベントが終了しました。
関係する自治体の首長や各藩の現当主をお迎えし、更に幕末に活躍した人物群のご子孫ら、また、歴史に造詣の深い研究者や歴史ファンが全国からご参加下さいました。その概要や感想はこのコーナーの共同執筆者宗像信子さんが紹介して下さいましたので、私はこのイベントを取り巻く余談的なお話をさせて頂きます。安司弘子

白河戊辰150周年記念事業
~「甦る仁のこころ 合同慰霊祭・特別記念講演」余談~

安司 弘子
(歴史研究会白河支部長)
このイベントに至るまでには諸々の布石がありました。
戊辰から120年の節目(昭和63年)にも青年会議所が合同慰霊祭を開催しています。鹿児島市・佐土原町・高知市・山口市・萩市・大垣市・桑名市・富津市・上越市・宇都宮市・黒羽町・棚倉町・会津若松市・福島市・仙台市・むつ市の関係者が参列され盛大に挙行されました。また、市内の戊辰スポットに看板を立て、「白河口の戦い殉難者名簿」を作成、「戊辰白河口戦争記」を復刻、司馬遼太郎の講演会を開催するなどもしています。

ふたたび戊辰戦争が注目されることになった大きなきっかけは、2011・3・11の東日本大震災の発生を受け東北復興支援として放送されたNHK大河ドラマ「八重の桜」でした。
福島県は放映に連動して観光事業の振興を目指す「桜プロジェクト」を立ち上げたのですが、そのなかで県南地方(9市町村)を担当することになった私は、ドラマに大きく関係する戊辰戦争のなかで、約100日もの間苛烈な戦場となった「白河口の戦い」を知ってもらうべくプロジェクトに携わることになりました。

白河では120年の時にあれほど啓蒙活動に取り組んだにもかかわらず、白河が戊辰戦争で激戦場になったことを今の市民の多くは知らなかったのです。
実は私もその実態をよく知りませんでした。白河口の戦いのスポットを紹介するパンフレットや小冊子などを作成するために資料を調べたりするうちに、鳥羽伏見から始まる戊辰戦争の中で最も大きな激戦場であり、いちばん長い戦場だったことなどを知るのです。         つづく

 

 

 

榛名神社へ行ってきました。-2

このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

榛名神社へ行ってきました。-2

宗像 信子
(開運道芸術部門顧問、咸臨丸子孫の会幹事)

そのまま参道を進むと、緑に囲まれた参道の右手に瀬音が涼を呼び、足の疲れを癒してくれます。
右手には沢を流れる水の音、左手には緑鮮やかな樹木が。五感で涼を感じる?。
「みそぎ橋」と名のある小橋を渡って三重ノ塔を横目に、目指す本殿へ・・・。
登山並の体力消耗にもめげずに参道を制覇して気分一新、樹高55メートルの矢立の杉(天然記念物)を見上げて、瓶子の滝の前にある「御水屋(おみずや)」で身を浄め、少し緊張しながら本殿に向かいました。
礼法通りに参拝して、これでパワースポットのご利益間違いなし。もしかすると金運、健康、仕事、愛情、旅行運も大吉!
ここは素直にご利益を頂いて帰路につきました。
往きは登るのに必死でしたから周囲の景色もあまり見る余裕がありませんでしたが、帰りはたっぷりと周りの景色を堪能することが出来ました。

深い渓谷、そして流れ落ちる滝、深い緑の木々、下を流れる渓谷などどれをとっても幽玄で神秘的、日頃のストレスもスッキリ解消です。
美しい景色の中から醸し出されるマイナスイオンを胸いっぱいに吸い込みながら散策し、すっかり心が癒されました。
こんな素敵なところがあるんだと感激しながら下山しました。
榛名湖を見学することも楽しみにしていたのですが、どうも榛名湖を見ることができたところで、不覚にも寝ていたようで、今度リベンジしようと思っています。

榛名神社へ行ってきました。-1

 このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

榛名神社へ行ってきました。-1

宗像 信子
(開運道芸術部門顧問、咸臨丸子孫の会幹事)

先日、私のボランティア仕事関連の勉強会のバスツアーで、榛名湖近くにある福祉施設見学に行って参りました。
その帰りに榛名神社に寄りました。今回はその報告です。
榛名神社については、この開運村HP「開運&心霊スポット紹介ルーム」もみていましたので興味津々でした。
しかも、この榛名神社は群馬屈指のパワースポットということえすので、当然ながらその御利益も期待できます。
その期待に胸躍らせて榛名神社の敷地内に足を運んでからが大変でした。
急峻な登り参道と長い階段・・・緑濃い自然の景色も斜めに見るだけ、吐く息も荒くなるばかりです。

後で知ったことですが、榛名神社は約1400年前の第31代用明天皇(585〜587)時代の創建といいますから、かなり古くからの歴史が秘められていることになります。
祀られている御祭神は、火の神と火の神は「火産霊神(ほむすびのかみ)」で、土の神は「埴山毘売神(はにやまひめのかみ)」です。
しかも、榛名神社には、権現造りの本殿をはじめ、神楽殿や双龍門、神幸殿や随神門など沢山の建造物が国の重要文化材に指定されていて、まるで文化財の宝庫のような神社なのです。
その上、武田信玄が箕輪城攻略のとき、戦勝祈願に立ち寄って、矢を射立てたといわれる「矢立杉」は国の天然記念物となっているそうです。
ともあれ額の汗をぬぐいながらの階段上りで息も絶え絶え、熱中症が気になります。
鳥居をくぐるとすぐに前述の重要文化財の随神門、HPの文面から察すると、随神門の近くに七福神の像があるらしいのですが気が急いていますから周囲を見回す余裕などありません。
つづく

白河・戊辰戦争合同慰霊祭に参加して。-3


このコーナーは宗像信子講師(左)と安司弘子講師(右)の担当です。

 

白河・戊辰戦争合同慰霊祭に参加して。-3
宗像 信子
(開運道芸術部門顧問、咸臨丸子孫の会幹事)

今回は、去る7月14日(土)と15日(日)の2日間にわたって行われた白河戊辰150周年記念事業の第3弾です。
ここからは「白河文化交流館コミネス・大ホール」で行われた「蘇る仁のこころ~特別講演」の模様です。


第1部は歴史作家加来耕三氏による「明治維新まさかの深層」
第2部はNHKのアナウンサー渡邉あゆみ氏による「戊辰150年に想う」
渡邉あゆみさんは「歴史ヒストリア」や「偉人たちの健康診断」などの番組を担当しているアナウンサーです。

第3部は「明治維新と戊辰戦争」というシンポジウムで、渡邉あゆみ氏の司会で加来耕三氏、脚本家の山本むつみ氏と鈴木和夫白河市長で熱く戊辰戦争について語りました。
以上で2日間にわたる「蘇る仁のこころ」のイベントは終了しました。

白河市が今後も戊辰戦争のことを大切に守っていただけることを祈りながら白河を後にしました。
この会の推進役の一人・安司弘子さん、2日間をご一緒してくださった幕末史研究会の照山直子さん、松本千鶴子さんに心から感謝申し上げます。