Welcome Guest 
メインメニュー
サイト内検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
[ リロード ]   [ トップ | 一覧 | 単語検索 | 最新 | ヘルプ ]

Counter: 308, today: 1, yesterday: 4

河彦のツイッター俳句「無償の愛をつぶやく」
投票所

ギャッツビー

河彦



ギャッツビー 緑の灯り 蛍火か

 映画「華麗なるギャッツビー」を見た。男は豪邸の桟橋から対岸の緑の灯りを見つめ続けた。対岸の屋敷には、五年の歳月、思いを抱いてきた女性が夫と住む。極貧から密造酒や株価操作に手を染めて巨富を築き、しかし、純粋な愛は本物だったのだけれど。
2013年7月1日


梅雨寒に 歴史寿ぐ 鹿子踊り

 鹿子は「しし」と読む。岩手県一関市の岩手日日新聞社が創刊九十周年を迎え、お祝いのパーティーに、鹿の装束の踊り手八人が小さな太鼓を叩き、舞台で跳ねた。行山流鹿子踊保存会の会員。岩手日日創刊の大正十二年は母が生まれた年。母が健在なら、九十歳。
2013年7月3日

蒸し蒸しと おやきの里の 雨上がり

 長野市のホテルで開かれた信濃毎日新聞一四〇周年のパーティーに、名物おやきも並んでいた。直前までの雨で、ベタベタと蒸し暑い日。創刊は明治六年と、毎日新聞、山梨日日新聞に次いで日本で三番目の長い歴史を持つ。部数四十八万部を誇り、地元に密着。
2013年7月5日


国連の 演説俎う 小暑かな

 長崎の被爆者、山口仙二さんが亡くなったと七日の新聞。 一九八二年の第二回国連軍縮特別総会をニューヨークで取材し、議場で「ノーモア・ヒバクシャ」と訴えた姿を報道した。反核百万人デモを、街角の公衆電話から、見たままに東京に送稿した記憶も。
2013年7月5日


クールビズ あえて抗い ネクタイを

 子供のころから天邪鬼。みんなと横並びは嫌いで、個人が勝手に夏の服装を選ぶのはいいけれど、号令に従うクールビズは嫌い。前の会社の株主総会の日に、社長の指示を無視して、 一人だけ、ネクタイを。いまは自分が指示する立場だが、あえてやせ我慢。暑い―。
2013年7月7日


立ちこぎの 自転車が行く 白い脚

 梅雨明けの暑さの中、前を走る自転車の女性は、坂道を立ちこぎでスイスイと登ってゆく。白いスカートの切れ日から、白い脚がのぞく。こちらは太腿に力を込めて、平静を装いつつ、追いかけるように坂道を上がる。スーツの上着は前かごに入れ、シャツに風を。
2013年7月8日


朝顔の 宅配便を 待つ女

 まだネット上の銀座俳句道場が活動していた頃に投句した拙作(道場は検索可能)。入谷の朝顔市は昨日で終わり、あちこちに宅配便が届いている頃。今日から六一巻目に入った歌仙の発句は「願かけて 朝顔市に 鉢探す」
2013年7月9日


扇風機 顔に向かって セツトして

 ある料理研究家の話の又聞き。自分の顔のあたりに風が来るように、台所に扇風機を置いて、火の前で料理をするのだという。まさに涼しい顔? 暑さに、それぞれの工夫がしのばれる。冷房に電力大量消費、だから原発容認、という流れは認めたくない。
2013年7月10日


続々と 日傘の列の 美人たち

 有楽町駅から出てくる通勤の女性たちは強い日差しを避けようと、次々と日傘を開く。昨日は炎天下のゴルフ。いまも舞台に立つ元タカラジェンヌは日傘を手放さず、顔に特殊なマスクを着けて、全身日焼け防止フアッション。初体験の暑さ。
2013年7月12日



XOOPS Cube PROJECT