ヨダとイサミー幻のツーショット写真-2

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

ヨダとイサミー幻のツーショット写真-2

伊東成郎

さて、これらの記録の中でやはりもっとも注目されるのは、江戸城で依田が出会った近藤と土方の姿でした。
『学海日録』からご紹介します。
近藤・土方に対面す。
此日 (一月十六日)、新撰組近藤勇、土方歳三にあふ。近藤、去月十八日、伏見にて肩に痛手を負へり。歳三は其手の兵を将(ひきい)て伏見・淀・橋本戦にのぞみ、強の士過半を失ふ。しかれども己は死を脱して之に至るといふ。両人も閣老に謁して再征の議を謀るといふ。極て壮士なり。
敬すべく重ずべし。
よほど印象に残ったのでしょう。依田はこの時の思い出を、後年になってエッセイ集『譚海』にも紹介しています。
皆さんに馴染みが深いのは、『譚海』の記述の方かと思います。同書によれば、鳥羽伏見で近代戦を経験した土方は、このとき「これからはもう、刀や槍の時代ではありません」という名台詞を、依田に語ったとされています。
これ以前の姫神の日記には、慶応二年十二月一日に、人伝に近藤のことを聞いたとする記述をわずかに確認できる以外に、近藤と土方に関する筆記は見られません。おそらくこのときが、彼らとの初対面だったものとみられます。
依田は、譜代藩・佐倉の役人として、将軍家への篤い思いを持つ男でした。京都からぼろぼろになつて敗走しても、なお血気盛んな近藤・土方への依田の敬意は、この短い日記のなかからも、よくうかがえます。
彼らの人間的魅力もさぞかし依田の心に響いたことでしょう。
しかし、依田のスケジュールは急転します。二月十八日、将軍慶喜の助命哀訴の使者の一人として、藩から急きょ、上洛命令
が出されたのです。二十日、依田は江戸を発ちます。そして、十一月十八日に、すでに東京と名を変えた江戸に帰るまで、西国
での長い日々を送ることになります。


ヨダとイサミー幻のツーショット写真-1

 

大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

ヨダとイサミー幻のツーショット写真-1

伊東成郎

依田学海という人物がいます。
天保四年、下総佐倉藩士の次男として生まれた依田は、若い頃から並外れた学才を持ち、また、岡津の中小姓や郡代官の任にも就きました。慶応三年二月には八丁堀にあった佐倉藩邸で江戸留守居役に任ぜられ、幕末の政局の中で、多くの人物と交流を持ちました。
漢学者でもある依田は、その後、明治四十二年に没するまで、劇作、随筆、小説など多方面に活躍し、明治期の文化の重要な担い手となりますが、その筆歴の中でも重要な一つが、自筆の日記です。安政年間から明治三十年代まで書き綴った膨大なその日記『学海日録』からは、年代ごとの依田の活躍を垣間見ることができます。
依田は晩年の明治三十九年に、自分の日記についてこんな感慨を記しています。
日記は私も五十年来誌(しる)している。別にこうと云って意見も何もあるのではないが、若い時から逢った人の話や、現在見た事などは必ず誌して置く。今日となつて繰り返してみると、共頃の事が明瞭に眼前に浮かんで来て、故人などとも話している様な気になります。
(「余の日記」『文章世界】一巻六号)
そんな依田の日記には、新選組に関する記述もいくつか登場します。

○慶応四年一月十六日
江戸城で近藤勇、土方歳三と対面
○同年閏四月十日
京都三条河原で近藤の梟首を目撃
○明治五年二月二十一日
佐倉の牧場で竹柴保次郎から箱館の土方のエピソードを聞く
○明治二十一年十月十四日
東京中村座で松本良順から山南敬助切腹の際のエピソードを聞く
……等々、いずれも大変に興味深い物語が、依田の日記には綴られています。紙数の関係でここには右記四点の全文を紹介は
できませんが、詳細は拙著『新選組と出会った人々』を、ご参照いただければ幸いです。


歳三忌レポート-3  久保和也

大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

歳三忌レポート-3

久保和也

加藤福太郎書簡について・1講演会の資料として配付されたものに書簡の全文が掲載されている。これは、当時室蘭警察署に勤めていた加藤福太郎(多摩出身)が、歳三の幼馴染みであった平作平の息子忠次郎に頼まれ、歳三の埋葬地について調査した結果を忠次郎に送ったものである。
この手紙を読むと、歳三が多くの人に愛されているということがよくわかる。文中には、碧血碑は歳三のために建てたといっても過言ではない、という談話もある。泣けてくる名文だと思う。
また文中には、すでに実行寺(現・函館市船見町)が碧血碑での供養祭を行っていることが明記されている。これは、現在も毎年六月二十五日に行われているものだ。
会津から帰ってきた歳三の愛用の鎖推子、天然理心流の木刀、石田散薬と一子相伝の話など、興味深い話の連続で講演は終
了した。
講演終了後は、歳三縁(ゆかり)の方、新選組隊士御子孫の方、研究家・執筆者の方々が挨拶をされた。ここで話される内容がまた興味深いものであるが、ここでは割愛する。
そして抽選会へ。様々な関連グッズ・本(絶版本であることが多い)・牛額草などの景品と抽選番号が、大出さんによって発表される。隊士の名前のはんこは、毎回人気の景品である。「次、芹沢鴨のはんこ」で会場から笑いが起こるのは、もうお約束事。
ちなみに私は牛額草をゲット。ちゃんと育てるととても繁殖するらしく、嬉しくもあり怖くもあり。
この講演を聞いて土方愛さんの本を買われた方も多く、講演会終了後に即席のサイン会が行われた。私も買ってその列に並んだ。
この後、高幡不動駅前の居酒屋で二次会が行われ、私も参加させていただいた。そして新宿へ出て、夜行バスで大阪へと帰る。
牛額草をどこかに忘れた事に気がついたのは、次の日の朝のことであった。


歳三忌レポート-1   久保和也

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

 

歳三忌レポート-1

久保和也

平成十七年五月九日、東京日野市で第三十回歳三忌が行われた。
午前中は歳三の墓所である石田寺で読経が行われるので、私は知人と京王線高幡不動駅から出発。モノレールを利用するのもいいのだが、今回は徒歩で行くことにした。
浅川の堤防に出て、川の流れを見ながら歩く。天気はあいにく曇天であったが、風が心地よい。この川を見ながら、若き日の
歳三は何を考えていたのか…などと感慨にふけっていたのだが、そのせいか石田寺に着いたときにはもう読経も終わってしまっ
ていた。
参加していた方の話によると、読経のほかに、ご子孫で土方歳三資料館館長の土方陽子さんのお話もあったそうで、それを聞
き逃したのは残念である。しかし境内は人がほとんどいなくなっていることもあり、非常にゆっくりと墓碑にお参りすることが
できたのは幸い。
ご存じの通り、歳三の墓碑は近年に新しく建て替えられたのだが、ようやくこの墓碑に慣れてきた。私が初めて歳三の墓参に
来た平成十年は、まだ以前の墓碑であったが、すでに墓石の角が傷んで補修されていた。綺麗な状態の以前の墓碑にお参りする
機会がなかったのは悔やまれるが、仕方がない。
またこの歳三の墓碑は、彼の見である為二郎の墓碑でもある。昨年の大河ドラマ「新選組!」で、かつての土方役者乗塚旭
さんの演じた為二郎は、まだ記憶に新しいところだ。歳三とともに為二郎の冥福も祈つた。
石田寺を出て、徒歩数分のところにある土方歳三資料館へ向かう。やはり玄関先まで行列はできてはいるが、展示室のスペー
スが以前の三倍になつたこともあり、割とすんなり入館できた。
私はまっすぐに歳三の愛刀和泉守兼走へと向かう。この時期は鞘から出された抜き身の状態で展示されている。その姿を見る
と、「刀は美人よりもうつくしい」という『燃えよ剣』の歳三のセリフを思い出さずにはいられない。


 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

桜咲きて-4
(第二回 勇忌レポート)

結喜 しはや
(京都在住・作家、歴史研究家)

その折に、郡氏日く、「長岡屋は桑名藩の御用商人」というのも、いろいろと想像の広がるコメントであった。郡氏は、新人物往来社より自著を出版されているが、続いて、同じく著作本のある人達などが紹介された(筆者である私も紹介に与(あずか)り、拙著『新選組一番隊・沖田総司』から少し近藤と沖田の話をさせていただいた。今回の勇忌に出席して、改めて近藤と沖田のつながりの関係を考えた次第である)。
そして、恒例ということになるのだろうか、催しの最後は抽選会である。新選組局長近藤勇を偲ぶにふさわしくもある、ゆっ
たりと落ちついた大人の感のする今回の会では、抽選会もなんだか余裕のあるものとなつた。会場の空気が、どこかふんわりとしている。そのせいか、はずれてしまった方が、実は大当たりとなる商品を、最後にプレゼントされたりのハプニング。これも近藤先生がしそうなことかな。
こうして、第二回勇忌は、和やかななかに終わった。違い日への思いが、涙でなく笑顔でも、この春の一日には合っていますよね。近藤勇さんへも、きっと、皆の安らかにとの願いが届いたと思いたい。
「今日の日は、近藤勇忌ではあるが、新選組忌と考えている」という宮川豊治氏の言葉が、再び嬉しく思い返される時であった。 (了)


桜咲きて-3 結喜 しはや

大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

桜咲きて-3
(第二回 勇忌レポート)

結喜 しはや
(京都在住・作家、歴史研究家)

午後二時を過ぎて、講演会が始まる。この日の講師は宮川豊治氏。ご子孫が語る近藤勇とは……、と、法会の時とは異なり、今度は楽しみな待ち遠しい時を思う。
案内にあった演題は、「流山の近藤勇と土方歳三」であったが、紹介されたタイトルは、「流山における近藤勇と土方歳三の別れ」。が、宮川氏ご自身も、タイトルからの話のみでなくとのことで、たくさんを語って頂くこととなった。
例えば、昨年のNHK大河ドラマ「新選組!」に関するエピソードでは、宮川氏は、NHKプロデューサーの方に、番組制作の前、何か要望があればと尋ねられ、「近藤、土方、沖田のほかにも多くの隊士がいる新選組なので、そうした人々の多くのエピソードを描いてほしい」と話をされたそうだ。
この結果は宮川氏も語られていたが、作品の後半は、隊士のインサイドストーリーを巧みに配して新選組史を綴り、視聴者を魅きつけることにつながっていった。
また、近藤と土方の出会いについて、彼らの結び付きの深さから推し量ると、その出会いは、日野の佐藤道場という揚がもたらす物理的な、単純なものではなく、「何か」があっての出会いが、肝胆相照らす仲となつたのでは、とのお話しで、大変面白く、その「何か」を知りたく思う気持ちで、心中がチリチリと熱くなつた。
ほかにも、宮川氏は、近藤勇は京都で新選組を結成後、心を許して話せたのは、井上源三郎ではなかったかと思うと語られるなど、多くの興味深いお話をされたので、とても柔らかな、心楽しい時間を過ごすことができたのである。
講演会の後には、先に記した佐藤福子氏、宮川清蔵氏、平拙三氏のほか、この日、参加されていた宮川家のご親戚の方々や、箱館新選組の四部隊に所属した隊士で、旧桑名藩士関川代次郎のご子孫の郡(こおり)義武氏という新選組ゆかりのご子孫の方々の紹介があった。


桜咲きて-2

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

桜咲きて-2
(第二回 勇忌レポート)

結喜 しはや
(京都在住・作家、歴史研究家)

さて、この長流寺は、浄土宗の寺院で伊勢の国の生まれである了蓮社覚誉上人大信和尚の開山となる。慶長十一年(一六〇六)、覚誉上人は、東国布教のために訪れた流山に止まり、村の東南にあった「観音松」と呼ばれる老木の松の下に耳庵を結んで布教したという。そして、翌慶長十二年、本寺である東漸寺の人世霊誉上人により、山号を「宝泉山」、寺号を「長流寺」と称するように命ぜられたという。覚誉上人の在住は十三年間にわたったが、元和五年(一六一九)七月十六日に亡くなった。なお、長流寺は、天保七年(一人三六)十月二十九日の出火により堂宇が全焼し、古文書等一切が失われたといい、同寺が再建されたのは、元治元年(一人六四)のことである。
長流寺再建への年月が、近藤勇が誕生して(天保五年・一八三四)、あの池田屋事件で新選組の名を馳せるまでの年月と重なるなぞと、こじつけて思ってしまうあたりが、もうすっかりマコト人である。同様に考えた方は、来年の勇忌には、出席しなくてはなるまい。さらに付け加えると、長流寺は、流山七福神の一つである恵比寿さまをお祀りしている。となると、参加は決まり、であろう。
今年の勇忌に戻ろう。法要は長流寺ご住職高橋一元師の読経のもと、近藤勇ご子孫(勇の長兄音五郎のご子孫)の宮川豊治氏はじめ、氏の弟さんで天然理心流宗家第九代でいらっしやる宮川清蔵氏、土方歳三家の親戚となる平(たいら)作平(歳三の曾祖母は、平家の出)のご子孫平拙三氏、佐藤彦五郎ご子孫の佐藤福子氏等々の御焼香に続き、参列した近藤勇・新選組を愛する人々のご焼香と、粛々として進んだ。
そして、法会の読経が終わった後、もう一度、高橋師のお導きで、皆が手を合わせ、「南無阿弥陀仏」を十回唱えて、さらなる近藤勇の、ひいては志士たちの魂の安らかなることを祈ったのであった。
こうして、長流寺での法要は終わり、勇忌は講演会へと続くことになる。会場は流山駅のそばになる流山商工会館ということから、長流寺の最寄り駅平和台から一駅分の移動である。長流寺を後にし、発光しているような空の下、途中長岡屋跡(現・㈱秋元)を眺めながら商工会館へと向かった。

 


桜咲きて-1 結喜しはや

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年九月発行115号から抜粋しての掲載です。

桜咲きて-1
(第二回 勇忌レポート)

結喜 しはや
(京都市在住・作家、歴史研究家)

眩しいほどの陽のなかに、咲く花々が揺れる。車窓、ゆっくりと、こぼれるように過ぎてゆく満開の桜。走る流山電鉄の沿線は、訪れる度に、木々の緑が視界から少なくなっていくようだが、それでも、まだ、どこかのどかである。
平成十七年(二〇〇五)四月十日(日)のこの日、第二回目となる近藤勇忌が、千葉県流山市の宝泉山長流寺において、午後一時より催された。
昨年の第一回勇忌は、雨の降る真冬に逆戻りしたと思われた寒い日であったが、昨年より一週間遅くなった今年の第二回勇忌は、桜花咲く、暖かな春美っ盛りのなかに営まれることになつた。
時折、強く風が吹き来て、受付台に置かれた参加者への案内が飛ばされそうになるのを、慌てて手で押さえることも、その風に舞い散る流山の桜を思えば、それはまた近藤勇の生きざまのひとつ。昨年、勇の最期を想い、こぼれた涙は、今年、花びらと変わり、勇の魂の晴れやかなることに、気づかされるのである。
新選親局長近藤勇の法要に足を運んだ人々は、勇個人を超え、なお新選組隊士たちへ、幕末を駆け抜けて逝った多くの志士
たちへ、それぞれの想いを馳せ、お供養をとの気持ちであったに違いない。
お参りに集まった人々男性、女性とも年齢層幅広く、いっぱいとなった長流寺の本堂のなかは、色花も供えられて、華やかな感さえする。
それがまた、近藤勇という人間の生涯を見つめ、弔うのに、ふさわしいと思えるのである。

 


著書「子孫が語る土方歳三」について-2

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。
新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年六月発行114号から抜粋しての掲載です。

著書「子孫が語る土方歳」について-2
土方歳三資料館・六代目子孫
土方 愛

この本が出版されることにより、土方家に伝わる土方歳三に関する全てがあと百年 (せめて私の子供達がその寿命を全うする位まで) 伝えられ、土方歳三に関する遺品、新選組に関連する史料が永く、後世まで保存される一助となればと願っております。
そして、生家跡に設けられた「土方歳三資料館」ですが、約三ケ月間の改装工事を終え、平成十七年四月二日に改装開館いたしました。
平成六年の一月に開館してから早くも十一年が過ぎました。開館当初は、知る人ぞ知るといった資料館だったようで、毎月一度、第三日曜日の開館日の来館者は数十人程度でした。最後にお茶を飲みながら歳三に関しておしゃべりするのがお決まりで、アットホームな雰囲気がありましたが、数年前から来館者が増えはじめ、昨年の新選組ブームの年には、ゴールデンウイークなど入館するのに一時間半待ちの行列が出来ました。沢山の方にご来館いただけたのは嬉しかったですが資料をゆっくり見ていただくことがなかなか出来ず、申し訳ない気持ちがありました。しかし、できる限り展示の説明や案内は子孫自らで行うといった姿勢は崩しませんでした。
今回の改装開館にあたっては、展示スペースを三倍に増やし、今までなかなか展示の出来なかった史料なども展示できるようになりました。改装を機に、文字がかすれてしまっていた資料館入口の看板を新しくし、その丸節の檜板に金剛寺の川澄寛主様が浅黄色の文字で揮毒してくださりました。

新たな展示品は十数点ありますが、その中でも「土方歳三生家復元模型」は、故谷春雄様が制作してくださった畳一畳分以上はあろうかという大作です。生家南側の縁側には山丸印ののれんがかかっており、本当に歳三がそこから顔をのぞかせていそうな臨場感にあふれています。また、半世紀近く貸し出されていた歳三着用の鎖惟子と状箱がこの改装開館を機に展示に加わりました。鎖惟子は修復作業を終え、この度、歳三が池田屋事件で着用したと伝わる鎖椎子と並べて展示する運びとなりました。そして、幕末期土方家で使われていた天然理心流の木刀は、祖父の代に人に譲ったものが、ひょんなことから当館に戻ってくることとなり、展示に加わりました。土方家の男子の諱(いみな)に必ず使われる「義」の字が刻まれていて、四尺も長さがあるもので、資料館にお越しいただいた皆様には、その木刀で素振りをする歳三の姿を想像していただけるのではないかと存じます。     一
改装開館前には、今までお世話になった方々を中心に、ささやかな改装記念会を行いました。日野市長以下地元の行政関連をはじめ、榎本家、平家、小島家、宮川家、佐藤家、本田家、松本家などゆかりの家々の御子孫や、現在第一線でご活躍されています新選組研究家の方々にご出席を賜り、私共一同本当に感無量でした。
古い遺品や文書類の史料を、修復しながら展示、保存していくことを個人レベルで行うことは、様々な限界や問題も多く、決して簡単なことではありません。「ご苦労も多いでしょうし、遺品は多くの方々がそうされているように一括して公的機関に寄贈されてはいかがですか。」と、アドバイスを下さる方もいらっしやいますが、歳三の遺品は、この歳三の育った場所で、私達子孫が愛情を持って伝えていきたいと考えています。今回の改装開館を新たな出発点として、また地道な活動を続けていきたいと存じます。
亡き父の遺志を継いで、土方歳三資料館を開館し、今回の改装開館を勇断した館長の母・陽子と、長持ちの中の何百点もの史料を、幾晩も明け方までかかって一緒に整理してくれた姉・千恵、又、いつも縁の下の力持ちでいてくれる夫に感謝しています。今回の本の執筆に関しては本当に三人に励まされ、何とか出版できることとなりました。
そして何よりも、戊辰戦争以来はじめて、土方歳三の子孫である私達に、土方歳三に関しての足跡を印す場を与えてくださりました、大出俊幸様に心より感謝の意を表したいと存じます。

---
土方歳三資料館のご案内
(開運村が勝手に載せさせて頂きました)
※団体等は電話予約の上、特別開館有。
所在地
〒191-0021  東京都日野市石田2-1-3 MAP
電話&FAX‥042I581-14
開館時間:12:00~16:00
毎月第一・第三日曜日のみ開館
交通アクセス
(1)多摩モノレール 万願寺駅から徒歩5分
入館料・大人:¥500、小・中学生:¥300
当館に専用駐車場はございません。
お車でご来館の際は周辺のコインパーキングのご利用をお願いいたします。
当館周辺は住宅街にて、路上駐車はご遠慮くださいませ。
バリアフリー設備
盲導犬の受け入れ(受入れはしていません。)
車椅子対応トイレ(ありません。)
車椅子対応スロープ(ありません。)
点字案内(案内はしていません。)
以上、宜しくお願いします。


著書「子孫が語る土方歳三」について

大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/
今回は、平成十七年六月発行114号から抜粋しての掲載です。

著書「子孫が語る土方歳三」について
土方歳三資料館・六代目子孫
土方 愛

私が、この本を書く動機となつたのは、資料館を訪れるかたに、「この資料館に展示している史料の解説が書かれた図録はないですか。」、「説明してくださったエピソードなどが載っている本はありませんか。」と聞かれることが余りにも度々あり、「小冊子でもいいから、来館者の皆様に史料の理解を深めていただけるものを出版したい。」と考えたことがきっかけです。
昨年十月に高幡山明王院金剛寺で行われた東軍戦没者慰霊祭の後の歓談の席で、祖父・康の代からお付き合いのある新人物往来社の大出様にご相談申し上げましたところ、本当に有難いことに大出様自ら御担当してくださると申し出てくださり、今回の出版に至ったのです。
また、別の意味からも、書いたものを残しておきたいとの思いがありました。平成二年に、歳三が育った生家が建て替えられたために、十代後半まで生家に生まれ育った私が、その生家の様子を伝えられる最後の世代となつてしまったのです。私の子供達は、現在土方歳三資料館の人口に移築されている、歳三が相撲の稽古をした大黒柱が、以前は生家のお座敷でつやつやと黒光りしていたのをじかに触って育ったわけではないし、中島登や小柴長之助をはじめとする生き残った隊士達が訪ねてきた生家の仏壇に手を合わせたこともありません。歳三に関する事、土方家の歴史が封印されてしまわないためにも、後世まで、土方家に伝わる土方歳三、また、その歳三が育った土方家に関する記録を残しておきたいと考えておりました。
本の内容は土方家に伝わる口伝や古写真、史料とその解説が中心になつています。
口伝の中には、あまり一般的には知られていないエピソードなども載せてあります。「女は下の下なり」のエピソードに関しては、叔母などは、「これ、公表してしまっていいかしらね。歳三さん誤解されないかしら。」 などと少し心配しておりましたが。また、生家や石田村周辺、歳三とともに暮らした家族の古写真などを豊富に載せ、歳三青年時代の生家敷地の見取り図や土方家の家系図などもいれ、読んでいただいた方に、歳三が育った頃の土方家の情景が浮かんでくるよう配慮しました。
また、土方歳三に関する史料集と読んでも良いほど、できる限りの史料と読み下し文、歳三遺品の写真を載せま
した。歳三直筆の書簡類、豊玉発句集、殉節両雄の碑、加藤福太郎書簡や安富才輔の書状など歳三の俄に関連して書かれた史料等。それから、歳三が俳句に関して影響を受けた祖父・三月亭石巴、長兄・為次郎、俳句の師・要五の句も載せました。俳句がお好きな方には、歳三を取り巻いていた俳風がどのようなものであったか、感じていただけるのではないかと存じます。
原稿を執筆するにあたっては、各子孫の方々をはじめ、本当に多くのゆかりの方々にご協力いただきました。心より御礼申し上げます。
つづく