月別アーカイブ: 2017年1月

一、会津藩、白河城・棚倉城の接収を願う

大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸

会津戊辰 白河戦争と新選組-1
(新選組友の会ニュース118号より)

生江昌平

一、会津藩、白河城・棚倉城の接収を願う

慶応四年(一八六八) 二月二日、会津藩は藩士石沢民衛が旧幕府に白河城・棚倉城の接収を願い出た。しかし、旧幕府からの返答はなかったようである。この頃、旧幕府はいかなる経緯によるのか、棚倉藩主・阿部美作守(正勝=十万石。譜代)を白河再転封の辞令を出した。 だが、大政奉還後の転封は朝廷との摩擦にもなりかねないと結局これも沙汰止みとなり、二本松藩が守備をすることとなった。

二、新選組隊士、会津へ

慶応四年(一八六八)正月の「鳥羽伏見の戦い」後、新選組は江戸に帰った。二月二十七日、旧幕府より二千三百九十四両、二月二十九日に会津藩より千二百両、三月一日、幕医松本良順から三千両を受領し、三月一日「甲陽鎮撫隊」として甲州を目指すが勝沼で敗れ、再び江戸に集結するが、永倉新八、原田左之助、矢田健之助らは新選組と袂を分かった。近藤勇、土方歳三らは五兵衛新田の金子邸中心に屯集し、隊士を募り、四月一日、流山に二百三十人が移動した。
四月三日、突如、西軍に包囲された。多くの隊士は視察と称して野外演習に出払っていた。近藤勇は投降を決意した。近藤を見送った土方歳三ほ、西軍が牛耳る江戸に潜入し、勝海舟に近藤救護を頼む。残った隊士二百三十人は「会津」を目指すこととなる。途中、脱走する者もあったようであるが、多くは四月六日、銘々船で利根川を下り、銚子から船で磐城・平潟港に上陸、棚倉を経て白河、勢至堂峠を越えて会津へ。また潮来から陸路で水戸街道へ抜け、会津へ入った者もいたようである。その人数は百二十名ぐらいであったようだ。斎藤一が最も早く五、六十名を率い会津入りしたという。
一方、江戸に入った土方歳三は、近藤救護が功を奏さず、そんな中、江戸城明け渡しが決まり、江戸を離れる決意をし、四月十日、島田魁・蟻通勘吾らの側近を従え、今戸から小梅村・霊山寺へ、そこで法恩寺に旧幕諸隊が集結していると聞き、面談し、翌十一日、市川・鴻ノ台に向い、軍議を持った。十二日、旧幕伝習歩兵隊長大鳥圭介が合流し軍議、軍を前軍、中軍、後軍の三軍に分け、土方は前軍総督秋月登之助
(会津藩士・江上太郎) の参謀となり、宇都宮へ向けて進発。
四月二十日、宇都宮城を攻略、二十二日安塚の戦い、翌二十三日宇都宮城を西軍に奪還され、土方は足を負傷(手にも負傷との説もある)、二十四日、今市に後送されていた秋月登之助・土方歳三は護衛十余名と共に会津西街道を会津へ向かった。二十六日、田島陣屋に至り、秋月は残り(父・江上又八は田島代官)、土方は新選組隊士島田魁・漢一郎・中島登・畠山二郎・沢忠助・松沢乙造の六人に護られて会津を目指し、大内宿を経て二十九日、会津城下七日町清水屋に着いた。「土方来る」の報に会津入りしていた隊士らがぞくぞく清水屋に訪れ、再会を果たした。
また土方は清水屋に滞荏中、唐津藩士大野右仲、幕臣望月光蔵らと面談している。このころ(四月から五月にかけて)には元老中・板倉勝
(備中松山藩主)、唐津藩主世主・小笠原長行、幕府典医松本良順、桑名藩主・松平定敬(さだあき)、、長岡藩主父子・牧野忠恭(ただくに)・牧野忠訓(ただくに)らが城下に滞住していた。

(上記は、新選組友の会ニュース148に掲載されたものです)

 


永倉新八『新撰組顛末記』

 

  大出俊幸講師の略歴は、上部「プロフィール」をクリックしてください。

 講師の一言

     新選組友の会主宰・大出俊幸

 三島由紀夫が自決した翌年(1971年)の2月、私は縁あって新人物往来社の書籍編集部へ入りました。
その年の秋、以前から懇意にしていただいていた評論家の尾崎秀樹先生の書棚から、『永倉新八』と題された本をお借りしたのが、私と新選組の出遭いになります。
私は大学生の4年間を京都で過ごしましたが、その頃は新選組には目もくれず、木屋町の安酒場で白い濁酒(ドブロク・とっても安かったのです)を飲んでは、友人達と遊泳する日々でした。
永倉新八という新選組の隊士が三条小橋西詰の池田屋(大学生当時は修学旅行宿・佐々木旅館)に突入し、乱刃をふるい何人かを斬った。その本人が大正年間まで生き残り、体験談を残した。
自分の記憶にある京都の町並みが鮮やかに蘇り、そこを歩き、そこで戦った永倉新八という存在が、とてもリアルで身近に感じられたのです。夢中になって読みました。
私の中で血がたぎり始め、感慨が大波のように押し寄せて、いてもたってもいられません。
そんな気持に突き動かされ、永倉新八の体験談を『新選組顛末記』と改題して発行。
以後は新選組にどっぷりつかり、新選組の書籍156冊を世に送り出しました。
そして今も、新選組が大好きです。
新選組ファンの皆様と、楽しく賑やかに新選組に関わっていかれる事に、何より大きな喜びを感じております。

   (新選組友の会ニュース掲載)

-----------------

 村長から一言

 流山市在住の大出さんの影響で流山は今や新選組のメッカ、熱心な新選組研究家は全国に沢山いて出版物も沢山出ていますが、その中心にいるのが大出俊幸さんです。
私は50年ほど昔、流山市内に家を建てるべく土地を購入したことがあります。仕事の事情でそこを手放して墨田区内に家を持ちましたので流山市民にはなりませんでしたが、流山に在住して縁があったら大出さんの指導の下で流山新選組の行事に拘わっていたはずです。お互いに古い付き合いで、私が生涯尊敬し続けることの出来る人である上に何となくウマが合います。大出さんが新選組に興味を持った切っ掛けは、永倉新八の手記を呼んで感動にしたからという立派な動機からですが、私の場合は実に情けない動機からです。前述の流山に土地を購入した頃、私は弓引きで五段、毎年五月初旬に京都三十三間堂での大的、御所内弓道場での小的と日本選手権などに出て「出ると負け」を繰り返していました。ところが同行の先輩・後輩などは勝ち抜いて翌日も試合ですから、負けた私は京都市内をぶらつくしかありません。それで興味がないのに新選組の史跡巡りで退屈しのぎです。結局、弓は挫折して鮎釣りに化けましたが、長女が高校生になった頃、家の中に新選組の本がやたらに増えてきたのです。聞くと沖田総司のフアンだそうで結果的に大出さんが編集した新選組の本の殆どは長女が少ない小遣いで買ったもの、今頃になって私が「新選組」ものを書く資料の一部に使っている次第です。大出さんとはもっと妙な縁があるのですが、ここでは割愛して将来機会があれば懺悔します。ここでは、大出さんの主宰する「新選組友の会」や新選組に関するこぼれ話などをご紹介させて頂きますが「乞うご期待!」と、大出講師に成り代わって大見得を切っておきます。

ーーーーーーーーー

    JR板橋駅前・寿徳寺・近藤、土方、永倉&新選組墓地です。

 ◆名著再見
永倉新入『新撰組顛末記』

             大出 俊幸

 新人物往来社に移って〝さて、どんな本を作ろうか〃と思案している時、尾崎秀樹さん(大衆文芸評論家)から「いちど遊びにいらっしやい」と声をかけられ、保谷市(現・西東京市) の都営住宅にお伺いした。一階は居間と台所、二階の二間は本であふれ、階段にも本が積み重ねられていた。
尾崎さんはどこかに電話されていて、待っている間、私は本の背表紙をずっと目で追っていた。ふと『永倉新入』と書かれただけの本が目にとまった。棚から引いて、パラパラとめくっているうちに、「あれ!」と思った。なおも頁を追って読んでいくと、池田屋に突入した場面が出てきて、自分の刀が折れ、落ちている刀を拾ってなおも戦った。
手ほ血のりでヌルヌルしていたとある。
大学の四年間、京都で過ごし、池田屋は佐々木旅館という修学旅行の宿屋になっているとだけ聞かされていた。うかつなことに新選組の隊士は幕末に皆な死んで、まさか大正年間まで生きていた人がいたとは思ってもみなかった。
早速、借りて帰ってタイトルを『新撰組顛末記』と変えて、装丁も新しく、全国の書店に並べた。いまも新人物文庫の一冊として、売れつづけている。私と新選組の出会いはこうして始まった。  (大出俊幸)

 新選組友の会ニュース149掲載