月別アーカイブ: 2017年9月

東軍慰霊祭の想い出(1)-3

東軍慰霊祭の想い出(1)-3

郡 義武

当日、西郷銅像前で杉昭氏と会い、寛永寺へ向かう。
予想に違わず大盛況、寺の入口で釣洋一氏と落ち会い、その他顔なじみの新選組友の会のメンバー多数と再会、長い行列の受付を済ませ大広間へ。(受付に初対面の美女がいた、後で大出氏に尋ねたら、それが「秀頴会」会長の西澤朱実だった。その後、拙著出版会の司会を頼んだり、資料を頂いたり、いろいろお世話になる事になる)
1時より法要開始、金箔の三ツ葉葵が輝く大広間、右側の来賓の顔ぶれを見て驚いた。宗家の徳川恒孝、松平走純(桑名藩)、松平保定(会津藩)、南部利剛(盛岡藩)、酒井忠久(庄内藩)らの著名な東軍の殿様が椅羅星の如く居並んでいる。
その後には、東軍有名人の子孫、小島慶三(永井護(左が虫偏)伸斎)、榎本隆充(榎本武揚)を初め、小栗上野介、佐川官兵衛、西郷頼母、古屋佐久佐衛門(古屋寛)、等、……名前を挙げきれない、とにかくズラリと揃っている。思わず、「125年前にタイムスリップ、このまま再度、戊辰戦争を戦いたい」とつぶやいてしまう。
会津からは代表宮崎十三八氏(郷土史家)以下、十四団体、バス2台に80余名が参加。参会者は、なんと総勢400名(『週間民社』記事)(『東京新聞』は300名)という多数の参列者は正に壮観だった。
先ずは小島慶三(日本新党・参議院議員)実行委貞長の挨拶。
「戊辰役は日本の夜明けの最大の事件。一身を投げ出して戦った東軍の魂は忘れてはならない。国を守る魂をもう一度、見直してはどうか。そのためにも、日本の近代化の原点にいた人たちの霊をなぐさめたい」
続いて、法要、列席者の焼香、来賓紹介、会津「白虎隊」剣舞奉納、最後に中村彰彦の講演「遊撃隊の戊辰戦争」と続き、午後4時終了。講演はマイクの調子が悪かったのか、あまりよく聞き取れなかった。

---------
戊辰役東軍殉難者慰霊祭白河史跡探訪ツアー

日時・平成29年10月8日(日)午前9時
集合場所・新白河駅
会費・5000円(昼食代含む)
定員・先着50名にて締め切らせて頂きます。(バス2台予定)
ツアー講師・白河史跡ガイドグループ
コース(予定)
新幹線新白河駅前出発、稲荷山、会津藩墓所、常圭寺、妙関寺、皇徳寺、棚倉城、蓮家寺、馬場都々古和気神社、仙台藩墓所、遊女しげの墓、桜山、小峰城、新白河駅にて解散(16:10着予定)。
申込締切  29年9月29日(土)までにお申し込みください。
≪ツアー申込先≫   慰霊祭事務局・会計担当 高橋悦子
口座名     高橋 悦子
口座番号     00150-1-708004
*口座入金確認後、折返し領収書をお送りします。
*趣味の会ですので、各自で保険に入ってください。
会費について・・
申し込み後、都合で不参加になった場合について記載します。
*10月6日午前中までにご連絡があった方(前日午前中)
後日、現金書留にて全額返金致します。
*上記以降にキャンセルのご連絡があった方及び連絡なくキャンセルの方
慰霊祭会費:返金できません。(記念品を郵送致します)
懇親会会費:返金できません。
ツアー会費:後日、現金書留にて全額返金致します。
*返金は事務処理後になりますので、少々お時間を頂きます。
連絡先 大出俊幸  〒270-0116 千葉県流山市中野久木572-44
FAX:04-7153-3506
TEL:090-7736-9073
*都合で欠席される場合は大出の携帯に必ず御連絡お廉いします。
------------
新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/


東軍慰霊祭の想い出(1)-2

戊辰役東軍殉難者慰霊祭白河史跡探訪ツアー

日時・平成29年10月8日(日)午前9時
集合場所・新白河駅
会費・5000円(昼食代含む)
定員・先着50名にて締め切らせて頂きます。(バス2台予定)
ツアー講師・白河史跡ガイドグループ
コース(予定)
新幹線新白河駅前出発、稲荷山、会津藩墓所、常圭寺、妙関寺、皇徳寺、棚倉城、蓮家寺、馬場都々古和気神社、仙台藩墓所、遊女しげの墓、桜山、小峰城、新白河駅にて解散(16:10着予定)。
申込締切  29年9月29日(土)までにお申し込みください。
≪ツアー申込先≫   慰霊祭事務局・会計担当 高橋悦子
口座名     高橋 悦子
口座番号     00150-1-708004
*口座入金確認後、折返し領収書をお送りします。
*趣味の会ですので、各自で保険に入ってください。
会費について・・
申し込み後、都合で不参加になった場合について記載します。
*10月6日午前中までにご連絡があった方(前日午前中)
後日、現金書留にて全額返金致します。
*上記以降にキャンセルのご連絡があった方及び連絡なくキャンセルの方
慰霊祭会費:返金できません。(記念品を郵送致します)
懇親会会費:返金できません。
ツアー会費:後日、現金書留にて全額返金致します。
*返金は事務処理後になりますので、少々お時間を頂きます。
連絡先 大出俊幸  〒270-0116 千葉県流山市中野久木572-44
FAX:04-7153-3506
TEL:090-7736-9073
*都合で欠席される場合は大出の携帯に必ず御連絡お廉いします。
------------
新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/


東軍慰霊祭の想い出(1)-2

郡義武

第1回 東軍慰霊祭ー1

平成4年(1992)10月3日(土)
上野寛永寺
祭主‥松平保定 実行委貞長‥小島慶三
講演‥中村彰彦 事務局‥大出俊幸

平成4年秋、第1回戊辰役東軍殉難者慰霊祭(以下東軍慰霊祭と省略)が開催された。
「ふるくには戊辰役から五十年目、ときの宰相原敬が主宰して、盛岡で東軍戦没者慰霊祭がとりおこなわれました。
そして、今秋、戊辰役から百二十五年目にあたり、会津藩・松平容保の末喬であられる松平保定氏を中心に東軍戦没者の霊に合掌したく、慰霊祭を企画いたしました。たくさんのおいでをおまちしています(平服でお願いします)」
との案内を新人物往来社大出編集局長からいただき、〝これは凄い、このイベントを待っていました〃と我家の分家筋の郡杉昭氏などをさそって、喜び勇んで出席した。
杉昭氏は我家と同じ桑名藩士(下級武士)子孫だが、大正15年生まれ、毎日放送プロデューサー(「特別機動捜査隊」「寺内貫太郎一家」などを手がけた)を経て、現在は、鶴川駅前で学習塾「総数学院」を経営、また立教大マスメディア論の講師でもある。また日芸(日大芸術学部)卒だが、同期に石井ふく子(後、プロデューサー)がいたそうだ。
さらに、ここだけの話としては、なんと、杉昭氏先祖の一族が龍馬殺害に一役買っていた!のである。殺害の実行犯は、今では京都見廻り組佐々木只三郎率いる配下の5名(渡辺篤、今井信郎、桂早之助、高橋安次郎、世良敏郎)が、最も有力視されている。
渡辺篤の手記に、「現場に刀の鞘を忘れ残し返りしは、世良敏郎という人にて……」とある通り、この世良敏郎は、桑名藩士小林甚七で、京都見廻り組世良家に養子入りした人物である。
(詳しくは、菊池明『龍馬暗殺完結編』新人物往来社、をご覧ください)
そして、この小林甚七の妹・舜(たつ)が同じ桑名藩士の郡藤蔵(杉昭の曾祖父、後、雷神隊)に嫁いており、すなわち、郡家と小林家、世良家は親族なのである。(どうやら、私の龍馬嫌いは、このDNAのなせる業らしい)
杉昭氏、この日の慰霊祭で本懐を遂げられたのか、翌年、突然逝去された。享年67歳。


東軍慰霊祭の想い出(1)

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

第26回 戊辰役東軍殉難者慰霊祭

戊辰戦争は苛酷な戦いでした。
政権奪取のための戦いを続けた西軍の前に、敗れた東軍の戦士たちは生きがたい世を生きのびて来ました。
今年は会津戊辰戦争の勝敗を決めた白河で戊辰役東軍殉難者慰霊祭を行います。
どなたでも参加できる会です。たくさんのお出でをお待ちしております。
日時・平成29年10月7日(土)午後2時30分
場所・龍興寺(山の寺)白河市向新蔵131
TEL O90-7939-6087
内容・読経・龍興寺住職 海野仁兆氏
祭文奉読、焼香
記念講演・阿部正靖氏(阿部家22代当主)午後3時30分
『白河最後の藩主・阿部正外』

慰董集会費・3000円(記念品含む)当日参加できます。
懇親会・龍興寺、会費3500円・午後5時30分
(当日払い可ですが、事前に申込をしてください。)
事 務 局
270-0116
千葉県流山市中野久木572-44
大出俊幸  EAXO4-7153-3506
携帯090-7736-9073
ノーー、阜-1-α月-&臥の白河戊辰戦ツアーは、詳細i
慰塞祭及び懇親会申込先
《お振込先》慰霊祭事務局・会計・高橋悦子
郵便振替口座名・高橋悦子
口座番号・00150-1-708004
*口座入金確認後、折り返し領収書をお送りいたします。

------------------

 |

東軍慰霊祭の想い出(1)

郡(こうり)義武

今から凡そ100年前、大正6年(1917)9月、岩手盛岡で「戊辰戦争殉難者50年祭」が挙行された。
祭主ほ政友会総裁の原敬(旧盛岡藩士)である。原は14歳で戊辰戟争を経験し、政界においても、常に薩長藩閥との戦いを続け、「一山」と号した反骨者である。(明治になり薩長新政府は「白河以北、一山百文」と、東北を蔑視した。それを逆手に取った、原の憤怒の諧謔である)
この慰霊祭で、原敬は次のような有名な祭文を朗読した。
「同志相謀り、旧南部藩士戊辰殉難者五十年祭、本日を以て挙行せらる。顧みるに昔日も亦今日の如く、国民誰か朝廷に弓を引く者あらんや、戊辰戦役は政見の異同のみ。当時勝てば官軍負くれば賊軍との俗謡あり。今や国民聖名の沢に浴し、此事実に天下に明らかなり、諸子以て瞑すべし。
余偶々郷ににあり此祭典に列するの栄を荷ふ、乃ち赤誠を披瀝して諸子の霊に告ぐ
大正六年九月八日 旧藩の一人 原敬」
戊辰の戦いは、「政見の異同」のみ、すなわち、政治的見解が違った為であり、勝者も奢らず、敗者も卑下しなくて良い、というものであった。
それから時を経ること75年。「その後、誰もがやらないのなら、断固、私がやるしかない」
決然と名乗りを上げたのが、新人物往来社の辣腕編集局長(当時)大出俊幸、その人であった。
大出氏は皆様ご存知の通り、本業の出版以外にも、「新選組友の会」「因島自由大学」「本の会」「民学の会」「史遊会」などを主宰する、超多忙な人物である。また、その人脈は広大で、ノンフィクション作家の佐野真一をして「出版編集者で大出俊幸を知らないのは、モグリである」といわしめている。
さらに、数々の新人ライターを発掘し育て、また一方では「武功夜話」「離(上に草冠)蔭史話」「新撰組永倉新入」等々、の貴重な古文書を、装いも新たに世に送り出した功績は不滅である。その大出氏の数ある業績の中でも、最も渾身の努力を続けているのが、東軍慰霊祭(戊辰役東軍殉難者慰霊祭)であると思われる。
事実、この会報製作を手伝う幅雅臣民(装丁家)も「大出氏の数ある業績中、最も重要なものが、この東軍慰霊祭である」と、はっきりいっている。

東軍慰霊祭は今年で早くも24回(年)目を迎えた。振り返り見て、記憶に残る初期の熱気に包まれた慰霊祭の想い出を、いくつ
かお話しし、その記録を後世に残すことも、意義あることと考える。
参加者名簿をみると、既に鬼籍に入られた方が多いのにほ、時の流れを感じ粛然とせざるをえない。が、その時以来、長く親しくお付き合いをいただいてる方々、また慰霊祭で会えることを楽しみにしている方々も多い。


二十一、「白河戦争終焉

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。


第26回 戊辰役東軍殉難者慰霊祭

戊辰戦争は苛酷な戦いでした。
政権奪取のための戦いを続けた西軍の前に、敗れた東軍の戦士たちは生きがたい世を生きのびて来ました。
今年は会津戊辰戦争の勝敗を決めた白河で戊辰役東軍殉難者慰霊祭を行います。
どなたでも参加できる会です。たくさんのお出でをお待ちしております。
日時・平成29年10月7日(土)午後2時30分
場所・龍興寺(山の寺)白河市向新蔵131
TEL O90-7939-6087
内容・読経・龍興寺住職 海野仁兆氏
祭文奉読、焼香
記念講演・阿部正靖氏(阿部家22代当主)午後3時30分
『白河最後の藩主・阿部正外』

慰董集会費・3000円(記念品含む)当日参加できます。
懇親会・龍興寺、会費3500円・午後5時30分
(当日払い可ですが、事前に申込をしてください。)
事 務 局
270-0116
千葉県流山市中野久木572-44
大出俊幸  EAXO4-7153-3506
携帯090-7736-9073
ノーー、阜-1-α月-&臥の白河戊辰戦ツアーは、詳細i
慰塞祭及び懇親会申込先
《お振込先》慰霊祭事務局・会計・高橋悦子
郵便振替口座名・高橋悦子
口座番号・00150-1-708004
*口座入金確認後、折り返し領収書をお送りいたします。

------------------

戊辰役東軍殉難者慰霊祭白河史跡探訪ツアー

日時・平成29年10月8日(日)午前9時
集合場所・新白河駅
会費・5000円(昼食代含む)
定員・先着50名にて締め切らせて頂きます。(バス2台予定)
ツアー講師・白河史跡ガイドグループ
コース(予定)
新幹線新白河駅前出発、稲荷山、会津藩墓所、常圭寺、妙関寺、皇徳寺、棚倉城、蓮家寺、馬場都々古和気神社、仙台藩墓所、遊女しげの墓、桜山、小峰城、新白河駅にて解散(16:10着予定)。
申込締切  29年9月29日(土)までにお申し込みください。
≪ツアー申込先≫   慰霊祭事務局・会計担当 高橋悦子
口座名     高橋 悦子
口座番号     00150-1-708004
*口座入金確認後、折返し領収書をお送りします。
*趣味の会ですので、各自で保険に入ってください。
会費について・・
申し込み後、都合で不参加になった場合について記載します。
*10月6日午前中までにご連絡があった方(前日午前中)
後日、現金書留にて全額返金致します。
*上記以降にキャンセルのご連絡があった方及び連絡なくキャンセルの方
慰霊祭会費:返金できません。(記念品を郵送致します)
懇親会会費:返金できません。
ツアー会費:後日、現金書留にて全額返金致します。
*返金は事務処理後になりますので、少々お時間を頂きます。
連絡先・大出俊幸 〒270-0116 千葉県流山市中野久木572-44
FAX:04-7153-3506
TEL:090-7736-9073
*都合で欠席される場合は大出の携帯に必ず御連絡お廉いします。
------------
新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。   http://tomonokai.bakufu.org/

二十一、「白河戦争終焉

七月十六日、会津・仙台・二本松・三春・棚倉藩兵、棚倉城奪還のため、浅川村を進発し、浅川を隔てて銃撃戦を行うが、釜子より侵軍の西軍に背後を衝かれ、また三春藩兵が離反して攻撃を行ったため、須賀川及び郡山に敗走する。
『仙台藩記』に○塩森主税、棚倉屯集の西軍を進撃、三春、二 本松、会津、棚倉の兵を合併、奥州石川郡浅川古館山より進んで浅川の渡しを隔て砲戦す。
釜子と申す所より西軍、会津の兵を破り、浅川の後に出ると、三春中途にして反覆す。頗る苦戦に及び、各藩共支える事かなわず、死傷多分に相出し引揚申し候-とある。
さらに同盟軍、二十二日に釜子を襲うが敗走となっている。
七月二十八日、白河の米村・熊倉に屯集する会津藩兵、土佐藩兵の攻撃を受けて敗走し、ここに白河戦争に終止がうたれる。
七月二十九日、二本松城が落城する。この戦いに不参加の仙台藩兵は、本道からの帰藩が難しく、断念して母成峠に至り、同地守備の会津藩北原半介(『七年史』著者』)に二本松攻撃を求められるが、弾薬不足を理由に猪苗代、米沢経由で仙台に帰陣し、日野徳次郎・細谷十太夫らは反攻のため、母成峠に留まる。
仙台藩は須賀川を撤退する時、出来るだけ身を軽くするために武器を棄てて退却したといわれる。
須賀川は大火となっていた。
これまでの列藩同盟の陥落をみると、同三〇日、同七月一三日、同二六日、同二八日、同二九日、場長谷城陥落、平城陥落。三春藩降伏、守山藩降伏、二本松城陥落。
会津を除き中通り、浜通りは殆んど制圧された。
八月三日、会津藩諸口の陣営引上げる。秋月登之助隊四百人、町守屋から中地迄。鈴木式部隊百二十人、上小屋から船津迄、小原宇衛門隊、上小屋から御霊橿迄、仙台藩千五百人程浜島へ。新選組土方歳三八十人程成田から三代、中地迄。棚倉藩二百人程、須賀川から三代迄。
この後、新選組ほ母成峠へ出陣となっていく。
この項終わり


二十、第七次白河戦争-4

 大出俊幸講師の略歴は上部の「プロフィール」をクリックしてください。

戊辰役東軍殉難者慰霊祭白河史跡探訪ツアー

日 時  平成29年10月8日(日)午前9時
集合場所
会 費
定 員
ツアー講師
コース(予定)
新白河駅
新幹線新白河駅前 出発
5000円(昼食代含む)
先着50名にて締め切らせて頂きます。(バス2台予定)
白河史跡ガイドグループ
・・・稲荷山・会津藩墓所・・・常圭寺・・・妙関寺
皇徳寺・・・棚倉城・・・蓮家寺・・・馬場都々古和気神社
仙台藩墓所・遊女しげの墓・桜山・小峰城t・・新白河駅
(16:10着予定)
申込締切  29年9月29日(土)までにお申し込みください。
≪ツアー申込先≫   慰霊祭事務局・会計担当 高橋悦子
口座名     高橋 悦子
口座番号     00150-1-708004
*口座入金確認後、折返し領収書をお送りします。
*趣味の会ですので、各自で保険に入ってください。
会費について・・
申し込み後、都合で不参加になった場合について記載します。
*10月6日午前中までにご連絡があった方(前日午前中)
後日、現金書留にて全額返金致します。
*上記以降にキャンセルのご連絡があった方及び連絡なくキャンセルの方
慰霊祭会費:返金できません。(記念品を郵送致します)
懇親会会費:返金できません。
ツアー会費:後日、現金書留にて全額返金致します。
*返金は事務処理後になりますので、少々お時間を頂きます。
連絡先 大出俊幸  〒270-0116 千葉県流山市中野久木572-44
FAX:04-7153-3506
TEL:090-7736-9073
*都合で欠席される場合は大出の携帯に必ず御連絡お廉いします。
新選組友の会ニュースでは、新選組に関する記事や会員の投稿文などを掲載しています。
その中には、一過性で忘れ去られるには惜しい記事や随筆もあります。
それらの力作を多くの人に読んで頂きたく、随時掲載して参ります。
新選組友の会主宰・大出俊幸
新選組に興味のある方、友の会入会希望者は下記をご覧ください。
http://tomonokai.bakufu.org/

会津戊辰 白河戦争と新選組ー29

生江昌平

二十、第七次白河戦争-4

会津藩側は
○十四日子の刻、仙台兵根田に至る。その時、泉田志摩は、途中大和久より遁れて、遂に戦地に至らず。たまたま大雨泥棒脛を没し、進退意の如くならざりき。
十五日、東軍白河城を攻撃せんとし、味爽(まいそう=明けようとしてまだ明けない時)上小屋を発し、一番砲兵隊木本隊は、長坂方面に向い、鈴木式部隊、井深守之進隊、杉田兵庫隊、野田進隊、仙台兵は大谷地方面に向う。坂平三郎ほ山神山を守る。砲兵隊の陣地は地の利を得ず。
西兵接近し来たり、山上より攻撃す。砲兵隊応戦せしも、本道大谷地方面の諸隊利あらずして退却し、西兵我が背後を衝かんとしたければ、兵を上小屋に収む-と。(『近世日本国民史』)

○十五日、白河進撃の命あり。早天出発。大谷地口、長坂ロとに分かれ進む。地の利分らず、躊躇(ちゅうちょ)するうち、敵は正面の山上に顕れ発砲す。
直ちにこれに応じて戦闘中、本道大谷地口の味方敗走、敵に背後を包囲せらるるにより退却せり。(『会津藩大砲隊戊辰戟記』)
今回の攻撃もまた失敗に終わった。多くの会津藩兵は勢至堂方面に退いている。新選組も同様と思われる。中島登ほ「…町守屋に至り同所休陣、同八月一日、同所出立、仙台口に向えば、既に三春は敵地と相成り、二本松も落城す。これによって土方、秋月両公始め、伝習第一大隊、回天隊(旧幕軍)並びに当隊三代村に引揚、中地、舟津村、右三ケ村に休降す-と記している。
上小屋の会津藩大砲隊も「大平口の味方も敗れ、生子村へ引上げ、仙台藩も退却せし由にて、此の街道は全く突出せし形に成りたれば引上げに決し、其の準備なせり」。